トップ
Top
まとめてNY Restaurants Review 3(終) ~それでもやっぱり和食編
e0087035_11175945.jpg1 Yakitori Torys (鳥巣)

Midtownにある焼き鳥Tottoの姉妹店。2 Aveと3 Aveの間の52nd st沿いとあまり普段行かないロケーションにあるので、Tottoはいつも混んでいて待たないといけないがここならすぐに入れる。メニューは、ほとんどTottoと同じで、皿などはよく見ると鳥人と書いてある。

壁にライトアップされている卵のオブジェがあったのだが、これ、MOMAにおいてあったら普通に現代美術の傑作などと説明されていそう。

総合評価 ★★★★☆

e0087035_11151580.jpg

2 SEO

e0087035_1129343.jpg比較的カジュアルな日本料理屋。値段も和食屋にしてはそんなに高くない。今日のおさしみ盛り合わせがむちゃくちゃおいしかった。日本から取り寄せているのだろうか。

まだ一回しか行ってませんが、和食が食べたくなったときに気軽に行けそう。 On 49th st bet 2 Ave and 3 Ave.

総合評価 ★★★★☆

3 牛若丸

Houston St.沿いにあるおすし屋さん。友人からNYで一番コスト・パフォーマンスがいいおすし屋さんとして薦められたので行ってみたのですが、確かにおいしい&値段も抑え目。

去年の年末は某事件によりクローズしていたのですが、新年から新装開店しています。

しかし、アメリカにいながらにしてこんなに普通のにぎりが食べられるというのは本当にNYというのはすごいところです。むしろ最近、シカゴのWabi SabiやボストンのOishiiで食べたような、激ウマのキャタピラー・ロールやレインボー・ロールを食べたくて仕方がないのですが、NYでは一体どこに行けばいいのでしょう。

総合評価 ★★★★☆

4 寿司田

オフィスの隣のビルに入っているおすし屋さん。これまた日本にもあるかなり正統派のおすし屋。日本で会議に出てくる寿司弁当などよりもよっぽどおいしいものが食べられます。でも、今回はパートナーに奢ってもらったのでよいのですが、Midtownのオフィス街のど真ん中という場所柄もあって値段はかなりはり、ランチで一品頼んだだけで30ドルくらいします。高い・・。やっぱり、私は、レインボー・ロールで十分なようです。

総合評価 ★★★★☆
[PR]
# by ilovemascarponeR | 2008-03-04 22:07
まとめてNY Restaurants Review 2 ~アメリカと言えばジャンク・フード編
1 Shake Shack

e0087035_11161740.jpg人に教えてもらったところによると、Union Square Cafe、Eleven Madison Park、Gramercy Tavern、The Modern、TablaなどNYの超人気レストランと同系列のグループが経営しているハンバーガー屋がこちら、Shake Shack

Madison Square Parkの中にあります。

私が通っているヘア・サロンがこの辺なので、髪を切りに行きがけら、おいしいと評判のこちらに行ってみました。真冬で寒いのにそれなりに人が並んでいました。メニューを見ると、バーガー屋なのにワインまで置いてあり、グルメなのではないかとやや期待が高まる。

屋外にテーブルがいくつか置いてありますが、ここはストーブがあって多少は暖かい。待つこと10分少々。


e0087035_12574660.jpgここのバーガーは肉が薄いという話を聞いていたので、注文したのはダブル・シャック・バーガーとフレンチ・フライ。屋外で食べると寒いのですが、やっぱりバーガーは温かいうちがおいしいだろうと思って凍えながら食べてみた・・・ところ、これはいける。おいしい。ソースが、たぶんワインなどが結構入っているのではないかと思うのだが、上品かつ複雑。ジャンクな食べ物というよりも、フレンチのような感じです。フレンチ・フライもサクサクでかなりグッド。もしかすると個人的にはピータールーガを抜いてバーガー部門1位になったかもしれません。

総合評価 ★★★★★

2 Burger Joint

メリディアン・ホテルの中というバーガー屋にしては変わったロケーションにある。中に入るといかにもバーガー屋なのですが、入り口はホテルのフロントの隣の細い通路の奥で、湯気が上がっているバーガー形のネオンサインがある以外、ここがBurger Jointだという案内はどこにもありません。といっても、ランチ時に行くと、フロントよりもこちらの方に長蛇の列ができているのですぐ分かります。

この日はバーガーがどうしても食べたくなって、昼に事務所を抜け出して10ブロックも歩き、さらに店で30分くらい期待して並んだのですが、食べた感想は、うーん、これ、まあ普通じゃないか?おいしくないとは言いませんが、取り立てておいしいという程でもない。しかも、フレンチ・フライもちょっといまひとつ。なんで、こここんなに人気があるんだろう。

総合評価 ★★★☆☆

3 Carnegie Delicassen

e0087035_12382638.jpg色々なNYのブログで紹介されており、一度食べてみたかったカーネギー・デリのパストラミサンド。これも帰る前に一度と思い、食べきれないのを覚悟で行ってみました。・・が、思ったより小さい。思わず全部食べれてしまいそうでしたが、半分お持ちかえりしました。

味の方は、たしかに、パストラミがおいしい。ジュワっという食感です。パンがもう少しあってもいいのではと思っていたら、周りのアメリカ人はパンだけ追加注文していました。さらに、調子に乗ってお持ち帰りする前提で有名なチーズケーキも注文してみたところ、これも甘すぎずおいしい。パストラミと同じくらい印象的でした。デリとは思えない値段ですが、2食分と思えばこんなものか。

総合評価 ★★★★☆
4 そこらへんのStreet Vendor

e0087035_1105911.jpgスーパージャンクな気分のときは、道端にある屋台のお弁当がお薦め。ジャイロ屋など中東系のお店が多いので、サンドイッチなどに飽きてご飯ものが食べたいときにもGood。NYのど真ん中で、ランチが5ドルで済むというのも魅力的。結構おいしいのですが、ボリューム&カロリーも相当あるので、毎日食べるとまずいことになりそうです。

総合評価 ★★☆☆☆
[PR]
# by ilovemascarponeR | 2008-03-04 10:51 | Restaurants Review
まとめてNY Restraunts Review 1 ~NYと言えばこじゃれたお店編
そのうち分類してまとめて書こうと思って溜めておいたのですが、帰国するまでにそんなに溜まりそうもないので、ランダムに書いてしまいます。

e0087035_1004278.jpg1 Cookshop (ブランチ・スポット)

10th Aveと20th St.の角にあるブランチ・スポット。マニアックな場所かと思いきや、結構新しいお店ができている一角なので混んでおり、45分待ちでした。もちろんブランチだけでなく、ディナー・バーもやってます。

典型的なブランチ・メニューというよりもちょっと変わったメニューが多くて、楽しめます。味の方は、普通にGood。

総合評価 ★★★★☆
2 PERA  (地中海料理)

e0087035_9492154.jpg平日に友人にものを渡す必要があったので、なかなかいいお店のないMidtownで探して行ってみたのがこちら。当日でも予約可だったし、それほど期待しないで行ったのですが、なんと、とてもおいしかったです。

とくに、アペタイザーのChef's Meze Samplerという前菜の盛り合わせは秀逸。むちゃくちゃおいしい各種前菜がちょっとずつ載って出てきます。どれもついワインがすすんでしまう味です。

新しくできたお店で、2008年版ザガットのTop 5 New Comerに選ばれたそうです。

なお、写真はお店のウェブサイトより拝借しました。

総合評価 ★★★★★
3 Perry St (New American)

e0087035_10103953.jpg大分前ですが、Jean-georgesのお店に行ってみたいということで行ってみました。10thとPerry Stの角にあり、普通のアパートメントのような建物に入っているので、なかなか場所が分かりませんでした。モダンな内装が私好みだったので、雰囲気はとても気に入りました。ただ、デートにはいいかもしれませんが、友人とわいわい行くにはちょっと照明が暗いかもしれません。明るい方が格好よさそうな内装だったので、一度昼に行ってみたいです。

味の方は、普通にGoodでした。

総合評価 ★★★★☆

4 Floridita Tapas (スペイン料理)

Broadwayと125th st.と、コロンビア大の近くにあるタパス屋。モーニングハイツの北端でここからハーレムという近辺なので、やや物騒な気配がありますが、この辺まではコロンビアの学生がたくさん住んでいて、そんなに危なくないそうです。店のまん前は巨大なマクドナルドで隣はガソリンスタンドと、いかにもモーニングハイツ的な雰囲気のなか、一軒だけMidtownそのままのようなお店でなんだか不思議。タパスは、普通においしかった。金曜日にはフラメンコのショーをやっているらしい。

総合評価 ★★★☆☆

5 Casellula (ワイン・バー)

9th Aveと52nd Stにあるので、Midtownにいてちょっと一杯というときに便利なロケーションのワインバー。こじんまりとしていて小さく、音楽もうるさくなくてお店の人も感じがいいので、気に入っています。2回しか行ったことありませんが、2回目はお店にいたお客さんのゲイ率がとても高かった。どうやらこの辺、ゲイが多い地域のようです。

つまみも色々も揃っています。

総合評価 ★★★★☆

6 Bubble Lounge (シャンパン・バー)

e0087035_10211740.jpgシャンパン及びスパークリングワイン専門のバー。シカゴ大の同級生といったのですが、音楽がうるさくて、ろくに話もできなかったので、2杯くらいで退散。ただ、お薦めされていたシャンパンはとてもおいしかった。女性率が高いです。

総合評価 ★★★☆☆

[PR]
# by ilovemascarponeR | 2008-03-03 09:39 | Restaurants Review
Jane and Ikea
今日は7年来の友人の引越の頼みを聞いて、NJのIkeaに家具の買出しに。でも、まずは腹ごしらえ、ということでGreenwich Villageに向かう。
e0087035_14302443.jpg

ブランチの目的地は、その友人お薦めのJane。・・・が1時45分に行ったにも関わらず、1時間待ち。私たちがお店を出る頃も、もはやブレックファーストでもランチでもないと思うのですが、お店に入ってくる人の流れは衰えることなく、改めて驚きでした。。
e0087035_14414359.jpg

メニューは典型的なブランチ・メニューですが、ロブスターのベネディクトなど、一工夫凝らされています。また、ブランチを頼むとフレッシュ・ジュースかミモザなどのカクテルが1杯ついてくるので、値段的にもお得です。予約を受け付けずなかなか入れないことを除けば、おいしかったし、雰囲気もいいし、サーブもよかったし、言うことありません。

Jane
総合評価 ★★★★★

満腹になったところでIkeaへ。Ikeaは北欧の家具メーカーで全米各地にあります(シカゴ店に昔行ったことがありました)が、私はQualityが低いものが多いのであまり好きではありません。が、帰国後に買う家具のイメージ作りと、シカゴ以外ののIkeaもちょっと行ってみたかったので行ってみました。マンハッタンから30分ほどで着いてみると、入り口は驚くほどシカゴのIkeaとそっくりでしたが、中のShow roomはシカゴのIkeaよりもはるかにSophisticateされていました。シカゴのIkeaに行ったときはガラクタばっかりだなと思ったものですが、今日はそれなりに、「あ、これいいかも。」と思うものがありました。日本にもできたらしいので、見にいってみようかなと思いました。
e0087035_14555421.jpg

Show Roomで気に入ったものを見つけたら、この工場の倉庫のようなところに行って自分で箱を積み込みます。天井まで重そうな家具の箱が所狭しと並べられてあるので、地震のある国から来た私はややびくびくしてしまいました。
e0087035_1453496.jpg

[PR]
# by ilovemascarponeR | 2008-03-02 13:54 | Restaurants Review
Village Vanguard ~ Kurt Rosenwinkel and Mark Turner
今日は、今シカゴのビジネススクールに留学中の高校時代の同級生が所用でNYに来ており連絡をくれたので、久しぶりの再開。

シカゴから来るということなので、シカゴでは決して食べられない純和風焼き鳥屋、鳥心(以前紹介した記事はこちら)へ。NYの焼き鳥はYakitori Tottoやその姉妹店であるTorysが有名ですが、ここの方は一段高級な感じ。それでいて前菜、串、ご飯もの、デザートからなる焼き鳥コース40ドルはとてもお得です。

e0087035_826276.jpge0087035_8252154.jpg

その後は、彼が高校時代からジャズに啓蒙がとても深いことから、Village Vanguardに連れて行ってもらった。ここに来るのは、確か7年ぶり。今日は、雪。

e0087035_8292792.jpg今日は、Kurt Rosenwinkelという有名ジャズ・ギタリストの演奏なのですが、同級生の彼はそのメインのギタリストよりもtenor saxophone担当のMark Turnerに注目しているとのこと。現役のサックス奏者で一番うまいかもしれない、と彼が言っていた通り、本当にサックスはよかった。さらに、私はジャズ・ギターというものをあまり聴いたことがなかったのですが、このギターもかなり気に入った。

あまりに演奏がよかったので、早速店内で売っていたCD(Kurt Rosenwinkel Group, The Remedy: Live at the Village Vanguard)を20ドルで買ったところ、Kurtさんが名前入りでサインをしてくれた。これは貴重です。
今日の音楽: seminario and Zhivago by Kurt Rosenwinkel

e0087035_8404997.jpge0087035_8442837.jpg
[PR]
# by ilovemascarponeR | 2008-02-29 08:03 | Culture
アメリカ空軍に転職?
e0087035_15183248.jpg今日は、以前から担当しているアメリカの会社の社内リストラクチャリングのクロージングなので、今まで作った書類をファイナルにしてサインページを集めたりしているのだが、こういう作業をしていると毎回思うのが、アメリカの法律事務所の非弁護士スタッフの使えなさ。シニア・パラリーガルですら、基本的なことが分かっていなかったり、重要なサインページが届いてないのを見逃したりするので、全く任せられない。しかも責任感がなく、サインページが足りないことを指摘しても「どうしてそんなことが起こったのかわかりません。あなたが手配してはいないの?(←するわけないだろ)」と開き直って謝りもしない。謝まられたところで事態は改善しないので私的にはどうでもいいのですが、もし日本人だったら普通謝ってる場面ですよね。(←日本語なので言いたい放題書きまくっております・・)

そんなわけで、日本であれば優秀なパラリーガルや秘書に任せられる仕事を、こちらではジュニアのアソシエイトが端から端までやらないといけないことがよくあります。こんな作業でものすごい単価を依頼者に請求にしているので、ほとんどぼったくり。事務所としては儲かって仕方がないのでよいのでしょうが、やってる方としては時にばかばかしくなってきます。私の周りのジュニア・アソシエイトも、1年目は色々と新鮮だったのが、そろそろ仕事に疑問を覚えてきている模様。

そんなコーポレート・ローヤーの現状を知ってか、2年目になった最近はリクルーター(転職斡旋業者)からの電話やメールがしょっちゅう来ます。自分がアメリカに永久就職するのであれば多分話くらいは聞きに行くと思うし、面白そうな話があれば転職すると思うので、アメリカの人材が流動的なのもうなずけます。

さて、そんな中ちょっと風変わりな転職案内が来て面白かったので紹介します。手紙できたのですが、以下和訳です。

(写真:Central Park, Sheep Meadow)

手紙を読む
[PR]
# by ilovemascarponeR | 2008-02-28 02:51 | Law Firm Life
Harvard Club, Vault Servey & ABA Session(編集中)
昼頃、そろそろオランダの依頼者から頼まれためんどくさい仕事をしようかなーと思っていたところ、オフィスのドアをノックされた。ら、見覚えのない方々(シニアの男性、シニアの女性、ジュニアの女性)が3人コートを着てにこやかに立っているではないか。

 シニアの男性:「Do you wanna join us for lunch?」
 私:「(は・・??この人達、誰? しかも、もう今日フジ・ケータリングの秋刀魚の塩焼きと山菜ご飯弁当買っちゃったんだけど。ていうか、ホントにこの人達、誰??)・・・・hmm, why not?」

e0087035_1525312.jpgジュニアの女性に「What's going on?」と聞くと、どうやら彼らは普段交流のない人と交流するため、よくオフィスにいる人にランダムに声を掛けてランチに行くらしい。どうやら全員IP Litigation専門の弁護士のようだ。まずい、仕事の話はあまり合わない。。

ハーバードの卒業生と一緒でないと入れないHavard Clubで、妙にハイソなランチを食べる。最初はグラミー賞の話や大統領選の話をしていたが、徐々に話はシニアの男性の昔の話に。彼は、なんと第二次世界大戦中にHarvard Law Schoolを卒業してNY Bar Examに受かったのだが、Admissionの前に召集され、ドイツで敵軍と戦っていたらしい。当時のNY州の決まりでは受験時とAdmission時にNYにいないとNY Barの資格をもらえなかったそうで、もう少しでNY Barの資格をもらえないところだったという話。彼からの質問も、「日本のProtection Force(自衛隊)は、徴兵制なの志願制なの?女性もいるの?」「日本の憲法って今どうなってるの?」みたいなビミョウな話で、迂闊なことを言ってはいけないと思って話していたら結構疲れてしまった。が、Harvard Clubはかなりおいしかった。お会計もせずに勝手に帰ってしまったのだが、一体どういうシステムになっているのだろう(会員は無料?)。機会があればHarvard卒の人に連れて行ってもらうといいと思います。

ほとんど疲れただけのランチでしたが、最後にジュニアの女性が、「夏休み日本に旅行に行こうと思っているのでまた相談させて。富士山に登ろうと思ってるんだけど。」と言ってくれた。一般的な日本人の感覚からすると富士山は見るものであって登るものではないと思うのだが、富士山を登りに日本に行くというアメリカ人に結構今まで出会った気がする。日本など誰も興味がなくなっている最近、何でもいいから外国人が日本に興味を持ってくれるのはいいことだ。富士山、そのうち登ってみようかな。

Harvard Club of New York City
27 W 44th St
総合評価 ★★★★★

(写真:Central Park

さらに日常の話
[PR]
# by ilovemascarponeR | 2008-02-26 05:01 | Law Firm Life
Hunter Mountain
e0087035_16185549.jpg

土曜日の今日は、早起きをして友人と日帰りスキーに行ってきました。NY近郊には実はスキー場はたくさんあるのですが、一番ポピュラーなのがこちらハンターマウンテン。マンハッタンから車で約2時間半でCatskill Parkの中にあります。言ってみればNY版ガーラ湯沢という感じ。コースの名前も、Broadwayとか7th AveとかNYの通りの名前がついているものが多いです。
e0087035_16182367.jpg

せっかく日本からスキーウェアを持ってきていたので使わない手はなかったのですが、アメリカに来てスキーはこれが初めてです。というのも、シカゴ時代もボストン時代も、秋までは「冬になったらスキーに行きたいなあ」と思っていたものの、いざ冬になると寒すぎる上しょっちゅう大雪になるので、これ以上寒くて雪が降っているところに行こうという気を失ってしまっていたから。NYくらいの温度で、ようやく行こうという気になりました。
e0087035_16191337.jpg

近郊のスキー場だからだと思いますが、日本のスキー場に比べて特に広大だとかガラガラだとかいうことはなく、少し空いているかな程度。リフトも結構混んでいました。そういえば、リフトは少し日本と違います。山頂まで行くのもゴンドラでなくフードなしリフトなのと、全般的にリフトのスピードが日本の1.5倍。乗るときも激しいし、びゅんびゅん進みます。
e0087035_16232165.jpg

また、スキーヤー・ボーダーもアメリカ人だけあって激しいです。下手な人もゆっくり進もうとせずがんがん飛ばしてくるので、よく体当たりされます。あとは、当たり前ですが、ランチを食べるFood Courtにカレーがない。。サンドイッチ、ハンバーガー、ピザなど、普通のアメリカ食です。ただ、なぜかSushi barはありました(寿司以外の和食はなし)。
e0087035_1623493.jpg

レンタルスキーをネットで予約しておくと、大行列に並ぶ必要がなくすぐ受け取れます。効率よく滑って夕方4時に上がり、夜8時台にはマンハッタンに帰ってこれたので、意外と簡単に行けるものです。
e0087035_16311389.jpg


リフトに乗る
[PR]
# by ilovemascarponeR | 2008-02-23 16:14 | Trip
Winger
e0087035_13221286.jpg

e0087035_13113941.jpg今日はkota氏のお誘いを受けて、Wingerという80年代にはやった往年のロックバンドのライブを聞きに行きました。

場所は、なんと、ロングアイランド。ライブ開始時刻はなんと夜11時。超マニアック。

マンハッタンから車で50分ほどの場所で、ついてみたら「これGoogle Map間違ってんじゃないの?」と思ってしまったほど、しょぼい単なるパブ。外にWingerの看板は一見どこにも見えませんでしたが、中に入ると確かにTシャツを売っていたり壁にWingerのポスターが貼ってあったりします。が、店内は、一応それなりのステージはあるものの、後は本当に単なるパブ。
e0087035_13101042.jpgいかにも売れてなさそうなローカル・ロックバンドが前座をやっていました。このボーカルがAmerican Idolに出たら第一次予選で落選確実。

Winger、私は知りませんでしたが、当時はそれなりのバンドだったらしく最近もCDを出したらしいのに、こんなところでやるとは。日本にもこの間来たらしいのですが、日本ではちゃんとしたライブハウスで公演をやり、チケットも7000円くらいしたそうです。が、今日のチケット、なんと15ドル。しかも、客、あんまりいません。始まった頃にはぼちぼち人が集まりましたがそれでも200人いたかどうか。


これで15ドルしか取らないって一体どうやって採算取ってるんでしょうか。。もう歳を取ってお金は別にいらないから、あとは趣味でやってるようなものなんだろうか(日本の7000円というのもso ripped-off!と思いましたが、飛行機代を入れるとトントンかもしれません)。

気合が入った客もあまりいないので、我々はなんと前から2列目(All standingですが)をゲット。おかげで、演奏中に私はギタリストからピックをもらってしまい、kota氏はボーカルとハイタッチしていました。曲は80年代っぽくてとてもよく、特にドラムがうまかった。

今日の音楽: Miles Away by Winger

e0087035_13301396.jpg
[PR]
# by ilovemascarponeR | 2008-02-21 12:37 | Law Firm Life
Alto and a Few More Italian Places
e0087035_1041136.jpg1 Alto

今日は日本の事務所関係者とディナー。場所は、MidtownのAlto。おいしいと評判のイタリアンです。

値段は高めなので、それなりものが出てきます。たまたま私が頼んだものが今ひとつだったのかもしれませんが、この値段にしては普通においしいかなという感じでした(←私もNY慣れしたものです・・)。デザートはとてもおいしかったです。今日はご馳走になったのですが、自腹でもう一度行くかと聞かれたら「?」です。

総合評価 ★★★★☆

せっかくなので、なんとなく今まで書く機会を逸していたその他のイタリアンのお店もまとめてレビューしておきます。


2 LUPA

e0087035_11282893.jpgNYの有名イタリアン・シェフ、マリオ・バターリさんのお店。NYUの近くにあります。マリオのお店で一番有名なのはBabboだと思いますが、Babboは相当前に予約を取るか5時半から並ぶなどしないといけず簡単には入れないので行く機会がなかなかありません。Lupaは、ランチで行ってみたら意外と簡単に行けました。

個人的には、NYで行ったイタリアンの中で今のところ一番おいしかったです。とくにパスタが絶品。

総合評価 ★★★★★

e0087035_11285849.jpg3 ESCA

こちらもマリオのお店で、Midtownにあります。こちらも何かのときにランチに行ったのですが、おいしかったです。が、パスタはLupaの方が印象に残っています。

総合評価 ★★★★☆
4 Vice Versa  

e0087035_11505525.jpg
友人達と気楽に夕食という場合、相当前から予約が必要な高級店に行ったりすることは都合&予算の関係上なかなかないわけですが、Hell's Kitchenにあるこのお店は、そこまで混んでおらず(私が行ったときは直前でも予約できました)、値段も手ごろ、内装もおしゃれで雰囲気もよく、味もそこそこおいしいということで、使い勝手がいいです。

バーゾーンもあったので、飲みに行くのにもいいかもしれません。

総合評価 ★★★★☆
5 Cafe Fiorello

リンカーンセンターまで1ブロックのところにあるので、リンカーンセンターで何かの公演を見る前後に便利です。特に期待しないで入りましたが、全然アメリカナイズされておらず、本場風のイタリアンで結構おいしいです。

総合評価 ★★★★☆
[PR]
# by ilovemascarponeR | 2008-02-20 10:02 | Restaurants Review
NYで初オペラ~Carmen
e0087035_4383252.jpgNYのMidtownにオフィスがあることの利点は、その気になれば仕事帰りに好きなだけショーが見れること。・・その割りに、あまり文化的でない私、ほとんど行ったことがありませんでした。せっかくNYまで来てオペラの一つも見ないで帰るのは勿体ないなーと思っていたところ、オペラ好きのA嬢がMETのカルメンの格安チケット(15ドル)を買ってきてくれました。

というわけで、NYオペラデビュー。

夜8時開演でしたが、11時半までと長時間。ケネディーの疲れがとれていない中、今日は早起きして溜まっていた仕事を片付けていたので眠いことこの上なし。寝そう~、と思っていましたが、途中で休憩が2回あるので意外と大丈夫でした。曲も、ソーセージのコマーシャルや運動会で聞いたことある曲など知った曲も多く、おおーこれってこの曲だったんだ、と興味深く聞くことができました(←文化的素養がなくてすみません)。

歌の方は、カルメン役の人が代役で、A嬢らによればいまいちだったとのことなのですが、素人の私には十分よかったです。マイクなしでこれだけの声が出るのはすごい。ストーリーの方は、オペラは歌と音楽がメインなので重要でないのだとは思うのですが、なんというか、もう少しなんとかならなかったんですかね。昼のメロドラマ並みのありえない展開の上、どうでもいいところが妙に冗長だったりして、30分にまとめてしまいたくなります。まあ数百年前の庶民向けの話だから仕方がないと言えばそうですが、源氏物語の方がはるかに面白いような気がします。

e0087035_4531028.jpgそういえば、オペラは実は以前一度シカゴでしょぼいやつをみたことがあったのですが、舞台のすぐ上に字幕がでていました。METでは各座席の前に字幕スクリーンがついていて、しかも前後左右の人のものは見えないような作りになっているのが配慮が細かくてすごいなーと思いました(でも視点を前後させないといけないので、メガネ式にして同じ視点でテロップが流れるようにすればいいのではと思いました)。

また今日は15ドルの席だったので最上階だったのですが、端のほうに音楽を勉強している学生用の机(小さなライト付き)があり、上演中に楽譜を開いて勉強していました。こうやって勉強されるんですね。

あと、今日は日本人がたくさんいました。
[PR]
# by ilovemascarponeR | 2008-02-19 04:36 | New York