トップ
Top
<   2008年 02月 ( 37 )   > この月の画像一覧
Village Vanguard ~ Kurt Rosenwinkel and Mark Turner
今日は、今シカゴのビジネススクールに留学中の高校時代の同級生が所用でNYに来ており連絡をくれたので、久しぶりの再開。

シカゴから来るということなので、シカゴでは決して食べられない純和風焼き鳥屋、鳥心(以前紹介した記事はこちら)へ。NYの焼き鳥はYakitori Tottoやその姉妹店であるTorysが有名ですが、ここの方は一段高級な感じ。それでいて前菜、串、ご飯もの、デザートからなる焼き鳥コース40ドルはとてもお得です。

e0087035_826276.jpge0087035_8252154.jpg

その後は、彼が高校時代からジャズに啓蒙がとても深いことから、Village Vanguardに連れて行ってもらった。ここに来るのは、確か7年ぶり。今日は、雪。

e0087035_8292792.jpg今日は、Kurt Rosenwinkelという有名ジャズ・ギタリストの演奏なのですが、同級生の彼はそのメインのギタリストよりもtenor saxophone担当のMark Turnerに注目しているとのこと。現役のサックス奏者で一番うまいかもしれない、と彼が言っていた通り、本当にサックスはよかった。さらに、私はジャズ・ギターというものをあまり聴いたことがなかったのですが、このギターもかなり気に入った。

あまりに演奏がよかったので、早速店内で売っていたCD(Kurt Rosenwinkel Group, The Remedy: Live at the Village Vanguard)を20ドルで買ったところ、Kurtさんが名前入りでサインをしてくれた。これは貴重です。
今日の音楽: seminario and Zhivago by Kurt Rosenwinkel

e0087035_8404997.jpge0087035_8442837.jpg
[PR]
by ilovemascarponeR | 2008-02-29 08:03 | Culture
アメリカ空軍に転職?
e0087035_15183248.jpg今日は、以前から担当しているアメリカの会社の社内リストラクチャリングのクロージングなので、今まで作った書類をファイナルにしてサインページを集めたりしているのだが、こういう作業をしていると毎回思うのが、アメリカの法律事務所の非弁護士スタッフの使えなさ。シニア・パラリーガルですら、基本的なことが分かっていなかったり、重要なサインページが届いてないのを見逃したりするので、全く任せられない。しかも責任感がなく、サインページが足りないことを指摘しても「どうしてそんなことが起こったのかわかりません。あなたが手配してはいないの?(←するわけないだろ)」と開き直って謝りもしない。謝まられたところで事態は改善しないので私的にはどうでもいいのですが、もし日本人だったら普通謝ってる場面ですよね。(←日本語なので言いたい放題書きまくっております・・)

そんなわけで、日本であれば優秀なパラリーガルや秘書に任せられる仕事を、こちらではジュニアのアソシエイトが端から端までやらないといけないことがよくあります。こんな作業でものすごい単価を依頼者に請求にしているので、ほとんどぼったくり。事務所としては儲かって仕方がないのでよいのでしょうが、やってる方としては時にばかばかしくなってきます。私の周りのジュニア・アソシエイトも、1年目は色々と新鮮だったのが、そろそろ仕事に疑問を覚えてきている模様。

そんなコーポレート・ローヤーの現状を知ってか、2年目になった最近はリクルーター(転職斡旋業者)からの電話やメールがしょっちゅう来ます。自分がアメリカに永久就職するのであれば多分話くらいは聞きに行くと思うし、面白そうな話があれば転職すると思うので、アメリカの人材が流動的なのもうなずけます。

さて、そんな中ちょっと風変わりな転職案内が来て面白かったので紹介します。手紙できたのですが、以下和訳です。

(写真:Central Park, Sheep Meadow)

手紙を読む
[PR]
by ilovemascarponeR | 2008-02-28 02:51 | Law Firm Life
Harvard Club, Vault Servey & ABA Session(編集中)
昼頃、そろそろオランダの依頼者から頼まれためんどくさい仕事をしようかなーと思っていたところ、オフィスのドアをノックされた。ら、見覚えのない方々(シニアの男性、シニアの女性、ジュニアの女性)が3人コートを着てにこやかに立っているではないか。

 シニアの男性:「Do you wanna join us for lunch?」
 私:「(は・・??この人達、誰? しかも、もう今日フジ・ケータリングの秋刀魚の塩焼きと山菜ご飯弁当買っちゃったんだけど。ていうか、ホントにこの人達、誰??)・・・・hmm, why not?」

e0087035_1525312.jpgジュニアの女性に「What's going on?」と聞くと、どうやら彼らは普段交流のない人と交流するため、よくオフィスにいる人にランダムに声を掛けてランチに行くらしい。どうやら全員IP Litigation専門の弁護士のようだ。まずい、仕事の話はあまり合わない。。

ハーバードの卒業生と一緒でないと入れないHavard Clubで、妙にハイソなランチを食べる。最初はグラミー賞の話や大統領選の話をしていたが、徐々に話はシニアの男性の昔の話に。彼は、なんと第二次世界大戦中にHarvard Law Schoolを卒業してNY Bar Examに受かったのだが、Admissionの前に召集され、ドイツで敵軍と戦っていたらしい。当時のNY州の決まりでは受験時とAdmission時にNYにいないとNY Barの資格をもらえなかったそうで、もう少しでNY Barの資格をもらえないところだったという話。彼からの質問も、「日本のProtection Force(自衛隊)は、徴兵制なの志願制なの?女性もいるの?」「日本の憲法って今どうなってるの?」みたいなビミョウな話で、迂闊なことを言ってはいけないと思って話していたら結構疲れてしまった。が、Harvard Clubはかなりおいしかった。お会計もせずに勝手に帰ってしまったのだが、一体どういうシステムになっているのだろう(会員は無料?)。機会があればHarvard卒の人に連れて行ってもらうといいと思います。

ほとんど疲れただけのランチでしたが、最後にジュニアの女性が、「夏休み日本に旅行に行こうと思っているのでまた相談させて。富士山に登ろうと思ってるんだけど。」と言ってくれた。一般的な日本人の感覚からすると富士山は見るものであって登るものではないと思うのだが、富士山を登りに日本に行くというアメリカ人に結構今まで出会った気がする。日本など誰も興味がなくなっている最近、何でもいいから外国人が日本に興味を持ってくれるのはいいことだ。富士山、そのうち登ってみようかな。

Harvard Club of New York City
27 W 44th St
総合評価 ★★★★★

(写真:Central Park

さらに日常の話
[PR]
by ilovemascarponeR | 2008-02-26 05:01 | Law Firm Life
Hunter Mountain
e0087035_16185549.jpg

土曜日の今日は、早起きをして友人と日帰りスキーに行ってきました。NY近郊には実はスキー場はたくさんあるのですが、一番ポピュラーなのがこちらハンターマウンテン。マンハッタンから車で約2時間半でCatskill Parkの中にあります。言ってみればNY版ガーラ湯沢という感じ。コースの名前も、Broadwayとか7th AveとかNYの通りの名前がついているものが多いです。
e0087035_16182367.jpg

せっかく日本からスキーウェアを持ってきていたので使わない手はなかったのですが、アメリカに来てスキーはこれが初めてです。というのも、シカゴ時代もボストン時代も、秋までは「冬になったらスキーに行きたいなあ」と思っていたものの、いざ冬になると寒すぎる上しょっちゅう大雪になるので、これ以上寒くて雪が降っているところに行こうという気を失ってしまっていたから。NYくらいの温度で、ようやく行こうという気になりました。
e0087035_16191337.jpg

近郊のスキー場だからだと思いますが、日本のスキー場に比べて特に広大だとかガラガラだとかいうことはなく、少し空いているかな程度。リフトも結構混んでいました。そういえば、リフトは少し日本と違います。山頂まで行くのもゴンドラでなくフードなしリフトなのと、全般的にリフトのスピードが日本の1.5倍。乗るときも激しいし、びゅんびゅん進みます。
e0087035_16232165.jpg

また、スキーヤー・ボーダーもアメリカ人だけあって激しいです。下手な人もゆっくり進もうとせずがんがん飛ばしてくるので、よく体当たりされます。あとは、当たり前ですが、ランチを食べるFood Courtにカレーがない。。サンドイッチ、ハンバーガー、ピザなど、普通のアメリカ食です。ただ、なぜかSushi barはありました(寿司以外の和食はなし)。
e0087035_1623493.jpg

レンタルスキーをネットで予約しておくと、大行列に並ぶ必要がなくすぐ受け取れます。効率よく滑って夕方4時に上がり、夜8時台にはマンハッタンに帰ってこれたので、意外と簡単に行けるものです。
e0087035_16311389.jpg


リフトに乗る
[PR]
by ilovemascarponeR | 2008-02-23 16:14 | Trip
Winger
e0087035_13221286.jpg

e0087035_13113941.jpg今日はkota氏のお誘いを受けて、Wingerという80年代にはやった往年のロックバンドのライブを聞きに行きました。

場所は、なんと、ロングアイランド。ライブ開始時刻はなんと夜11時。超マニアック。

マンハッタンから車で50分ほどの場所で、ついてみたら「これGoogle Map間違ってんじゃないの?」と思ってしまったほど、しょぼい単なるパブ。外にWingerの看板は一見どこにも見えませんでしたが、中に入ると確かにTシャツを売っていたり壁にWingerのポスターが貼ってあったりします。が、店内は、一応それなりのステージはあるものの、後は本当に単なるパブ。
e0087035_13101042.jpgいかにも売れてなさそうなローカル・ロックバンドが前座をやっていました。このボーカルがAmerican Idolに出たら第一次予選で落選確実。

Winger、私は知りませんでしたが、当時はそれなりのバンドだったらしく最近もCDを出したらしいのに、こんなところでやるとは。日本にもこの間来たらしいのですが、日本ではちゃんとしたライブハウスで公演をやり、チケットも7000円くらいしたそうです。が、今日のチケット、なんと15ドル。しかも、客、あんまりいません。始まった頃にはぼちぼち人が集まりましたがそれでも200人いたかどうか。


これで15ドルしか取らないって一体どうやって採算取ってるんでしょうか。。もう歳を取ってお金は別にいらないから、あとは趣味でやってるようなものなんだろうか(日本の7000円というのもso ripped-off!と思いましたが、飛行機代を入れるとトントンかもしれません)。

気合が入った客もあまりいないので、我々はなんと前から2列目(All standingですが)をゲット。おかげで、演奏中に私はギタリストからピックをもらってしまい、kota氏はボーカルとハイタッチしていました。曲は80年代っぽくてとてもよく、特にドラムがうまかった。

今日の音楽: Miles Away by Winger

e0087035_13301396.jpg
[PR]
by ilovemascarponeR | 2008-02-21 12:37 | Law Firm Life
Alto and a Few More Italian Places
e0087035_1041136.jpg1 Alto

今日は日本の事務所関係者とディナー。場所は、MidtownのAlto。おいしいと評判のイタリアンです。

値段は高めなので、それなりものが出てきます。たまたま私が頼んだものが今ひとつだったのかもしれませんが、この値段にしては普通においしいかなという感じでした(←私もNY慣れしたものです・・)。デザートはとてもおいしかったです。今日はご馳走になったのですが、自腹でもう一度行くかと聞かれたら「?」です。

総合評価 ★★★★☆

せっかくなので、なんとなく今まで書く機会を逸していたその他のイタリアンのお店もまとめてレビューしておきます。


2 LUPA

e0087035_11282893.jpgNYの有名イタリアン・シェフ、マリオ・バターリさんのお店。NYUの近くにあります。マリオのお店で一番有名なのはBabboだと思いますが、Babboは相当前に予約を取るか5時半から並ぶなどしないといけず簡単には入れないので行く機会がなかなかありません。Lupaは、ランチで行ってみたら意外と簡単に行けました。

個人的には、NYで行ったイタリアンの中で今のところ一番おいしかったです。とくにパスタが絶品。

総合評価 ★★★★★

e0087035_11285849.jpg3 ESCA

こちらもマリオのお店で、Midtownにあります。こちらも何かのときにランチに行ったのですが、おいしかったです。が、パスタはLupaの方が印象に残っています。

総合評価 ★★★★☆
4 Vice Versa  

e0087035_11505525.jpg
友人達と気楽に夕食という場合、相当前から予約が必要な高級店に行ったりすることは都合&予算の関係上なかなかないわけですが、Hell's Kitchenにあるこのお店は、そこまで混んでおらず(私が行ったときは直前でも予約できました)、値段も手ごろ、内装もおしゃれで雰囲気もよく、味もそこそこおいしいということで、使い勝手がいいです。

バーゾーンもあったので、飲みに行くのにもいいかもしれません。

総合評価 ★★★★☆
5 Cafe Fiorello

リンカーンセンターまで1ブロックのところにあるので、リンカーンセンターで何かの公演を見る前後に便利です。特に期待しないで入りましたが、全然アメリカナイズされておらず、本場風のイタリアンで結構おいしいです。

総合評価 ★★★★☆
[PR]
by ilovemascarponeR | 2008-02-20 10:02 | Restaurants Review
NYで初オペラ~Carmen
e0087035_4383252.jpgNYのMidtownにオフィスがあることの利点は、その気になれば仕事帰りに好きなだけショーが見れること。・・その割りに、あまり文化的でない私、ほとんど行ったことがありませんでした。せっかくNYまで来てオペラの一つも見ないで帰るのは勿体ないなーと思っていたところ、オペラ好きのA嬢がMETのカルメンの格安チケット(15ドル)を買ってきてくれました。

というわけで、NYオペラデビュー。

夜8時開演でしたが、11時半までと長時間。ケネディーの疲れがとれていない中、今日は早起きして溜まっていた仕事を片付けていたので眠いことこの上なし。寝そう~、と思っていましたが、途中で休憩が2回あるので意外と大丈夫でした。曲も、ソーセージのコマーシャルや運動会で聞いたことある曲など知った曲も多く、おおーこれってこの曲だったんだ、と興味深く聞くことができました(←文化的素養がなくてすみません)。

歌の方は、カルメン役の人が代役で、A嬢らによればいまいちだったとのことなのですが、素人の私には十分よかったです。マイクなしでこれだけの声が出るのはすごい。ストーリーの方は、オペラは歌と音楽がメインなので重要でないのだとは思うのですが、なんというか、もう少しなんとかならなかったんですかね。昼のメロドラマ並みのありえない展開の上、どうでもいいところが妙に冗長だったりして、30分にまとめてしまいたくなります。まあ数百年前の庶民向けの話だから仕方がないと言えばそうですが、源氏物語の方がはるかに面白いような気がします。

e0087035_4531028.jpgそういえば、オペラは実は以前一度シカゴでしょぼいやつをみたことがあったのですが、舞台のすぐ上に字幕がでていました。METでは各座席の前に字幕スクリーンがついていて、しかも前後左右の人のものは見えないような作りになっているのが配慮が細かくてすごいなーと思いました(でも視点を前後させないといけないので、メガネ式にして同じ視点でテロップが流れるようにすればいいのではと思いました)。

また今日は15ドルの席だったので最上階だったのですが、端のほうに音楽を勉強している学生用の机(小さなライト付き)があり、上演中に楽譜を開いて勉強していました。こうやって勉強されるんですね。

あと、今日は日本人がたくさんいました。
[PR]
by ilovemascarponeR | 2008-02-19 04:36 | New York
State of the Firm Presentation
去年に引き続き、事務所のマネジメント・パートナーからアソシエイト向けに事務所の現状や今後の方針などをプレゼンするカンファレンスが開かれました。

日本の事務所にも似たようなものはありますが、アメリカの事務所の方があけっぴろげで、事務所のバランスシート、インカム・ステートメント、アソシエイトやパートナーの平均ビラブルアワーなど日本なら到底開示されないような情報が、明日にも競争相手の法律事務所に転職するかもしれないアソシエイトたちに惜しげもなく公表されます。それを見ると、業績はここ5年間ほど右肩上がり。去年は、おーすごいなーと純粋に聞き入っていたのですが、2回目ともなる今年は、もう少し冷静に、客観的に見ることができるようになりました。

大体、アメリカは去年の秋からどんどん不況になっていて、コーポレートのアソシエイトは結構暇そうなのに、何でこんな儲かってるのだろう。確かに、法律事務所の場合、不況のときは不況のときなりの仕事がある(訴訟、破産、また忙しかったときに手抜きになったCompliance、過去の案件のクロージングなど、全般的に後ろ向きの仕事)し、かくいう私も、主に後ろ向きの仕事(=つまらない仕事)が結構あるので暇で毎日5時に帰れるという事態にはなっていないのですが、それにしてもおかしい。まあ、ビラブルアワー制を取っている以上人数が増えさえすればそれなりに増えていくのと、あとはデータが2007年なので上半期が好調で下半期の不況を補ったのだろう。きっと来年は下がるに違いないが、下がってもこんな風に公表するのだろうか(他のファームに比べて下がり率は少ないという内容になるのでしょうか)。

また、事務所の今後の戦略についても発表されます。全米ローファームランキングが示されて、この辺りのポジションをとりに行く予定で、そうするためにはどうのこうの、という話。基本的に景気の悪い話・都合の悪い話は出さないでいいことだけ話しているのでいいのかもしれませんが、こういうところで話した話はたいていすぐにNY Lawyer.comのようなWebニュースに流れます(確かに、別にここで話す内容はConfidentialだとも言われません。)。このように、各事務所が透明な環境でよいところをアピールしあって競っているという意味で日本と違います。その方が色々と大変そうで、どちらがいいとは言えませんが。
[PR]
by ilovemascarponeR | 2008-02-19 03:45 | Law Firm Life
Kennedy Space Center (終) ~ Cocoa Beach
最後に、泊まっていたホテルのあるCocoa Beachの写真を。そんなにメジャーなビーチでもないので、人もそんなにおらず広大な風景。アメリカは自然を見るに限ります。
e0087035_3323043.jpg


もっとCocoa Beach
[PR]
by ilovemascarponeR | 2008-02-18 18:25 | Trip
Kennedy Space Center - The Rest of Day 2
Astronaut Hall of Fameを出た後は、メインのビジターセンターに戻って昨日行き損ねたところを回ることに。

1 Constellation Sphere
e0087035_3153291.jpg


単なるオブジェですが、結構カッコいいです。

2 Astronaut Memorial
e0087035_137483.jpg

モノリスのように見えますが、過去に殉職した宇宙飛行士を祀る石碑。発射台で爆発した最初のアポロや、チャレンジャー、コロンビアなどの宇宙飛行士の名前が刻まれています。彼らの存在なくして今の進歩はありえなかったので、彼らはみな英雄です。

もっとディープな世界へ
[PR]
by ilovemascarponeR | 2008-02-18 17:14 | Trip