トップ
<   2007年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Up down
e0087035_7365183.jpg日本の弁護士でアメリカのロースクールに留学した後は、F1ビザのOPT期間を使って、アメリカの法律事務所で研修するという人が過去には多かったものの、法律事務所の研修は意味がないとして、2年目LLMに行く人なども最近は多い。

法律事務所での研修に意味があるかという話は、そのうちじっくり書いてみようと思っているのだが、今日は時間がないのでその前提として毎日どんな日々を送っているかについて。

昨日の夜は、うちの事務所が主催して毎年行っているPrivate Equity Round Tableのパネル・ディスカッションに一聴講生として参加。ハーバードビジネススクールのJosh Lerner教授がModeratorとなり、アメリカの主なPEファンドのManaging Director、投資家・Investment banker、うちの事務所のパートナーなどがPE業界の現状と今後について語り合うというものである。会場は、Four Seasons Hotel。事務所の広報活動を兼ねているのであろうが、日本の法律事務所は法律事務所がインダストリーをひっぱるというようなことはしていないので、なかなか面白かった。

今朝になって最初の仕事は、英語版の契約書を元に日本語版の契約書を作る作業。アメリカ法のものを日本法のものに代えるので意味がないとは言わないが、基本的にはただの翻訳に近い。

その後、アメリカ国内M&A取引(買い手側)のためのSeller Noteのドラフト。Seller NoteというのはSeller Financingの典型で、タームシートといくつかのサンプルを片手にドラフトをする。昨日からやっているがまだ当分かかりそう。

午後になって、別件のアメリカ国内M&A取引(売り手側)に関して、至急不動産リース契約73個をレビューしないといけなくなったというシニアアソシエイトからのあせった電話がかかってくる。その73個は1500個くらいの契約書の束の入った箱に埋もれているので、まずはその73個を箱から引っ張り出すところから始まる。今日はとてもそんなことしている時間がないと言ったら、1年生を何人か付けてあげるからおまえは何をやればよいかの指示と、まとめだけ作ってくれればよい、とのこと。よしよし・・・・となりかけたら、再び電話が。依頼者の社内弁護士がマサチューセッツ州の田舎のオフィスに73個を既に引っ張り出してあるのがあるから、明日の朝7時半(!)にその場に行って、その社内弁護士とともに2-3時間で1人でレビューしてこいと言っているとのこと。

それから日本の証取法の絡んだドラフトを至急作ってくれというメールがまた別のパートナーから。今日はとてもできないから明日やる、と答える。

アメリカの弁護士だったり日本の弁護士だったり、それもシニア役だったりジュニア役だったり、はたまた翻訳家だったり。最近は、そんな感じの何でも屋の日々です。
[PR]
by ilovemascarponeR | 2007-04-27 05:56 | Law Firm Life
昼下がり
ボストンにもついに待ち望んでいた春がやってきました。最高気温20度のFinaincial Districtの昼下がり。
e0087035_535581.jpg

e0087035_3545230.jpg

e0087035_3454221.jpg

e0087035_3381532.jpg

[PR]
by ilovemascarponeR | 2007-04-24 03:21 | Boston
Champions on Ice
e0087035_39831.jpgオリンピックのメダリスト等が勢ぞろいするアイススケート・ショー、Champions on Iceに行ってきました。場所は、Boston Celticsの本拠地であるTD Banknorth Garden。

私は、アイススケートは、オリンピックでテレビでやっていれば見る程度なので完全に猫に小判・馬の耳に念仏状態でしたが、そんな私でもとても楽しめました。特に、サーシャ・コーエンと荒川静香は、格が違う感じで本当にきれいだった。荒川静香、目の前で見ましたが、顔は小さいし、足は長いし、とても日本人のスタイルではありませんね。日本人だからそう思ったのかもしれませんが、登場した人達の間でもひときわ目立っていたような気がします。たまたまご本人の日記があるのを発見しました。おお、ボストン公演の話も書いてあるぞ。

(写真は、Champions on Iceのウェブサイトより引用。カメラ持ち込み禁止と書いてあったので持って行かなかったのですが、禁止されているのはビデオカメラだけでだった模様で失敗しました。。)
[PR]
by ilovemascarponeR | 2007-04-22 02:59 | Culture
Firm Presentation
e0087035_2441710.jpg
Langham Hotel, Financial District

今日は事務所のManagement Committeeがアソシエイト向けに事務所の業績や今後の戦略などをプレゼンし、アソシエイトからの質問に答えるというミーティングがあった。

日本でも同じようなミーティングはあるものの、予想通り日本のものよりも内容が過激だったのでなかなか面白かった。

まず、事務所の業績については、事務所のB/SやP/Lがスライドで映し出され、それぞれの数字の背景、来年の目標値などの説明がなされる。パートナーやアソシエイトの稼働時間の平均も映しだされたのだが、興味深かったのは、アソシエイトの稼働時間の平均とパートナーの稼働時間の平均がほとんど変わらないこと。日本であれば、アソシエイトの方がはるかに高いだろう。また、いずれにせよアメリカの弁護士の稼働時間は日本の弁護士の稼働時間よりははるかに少なく、そして給料は日本よりもはるかによいので、やはりアメリカの弁護士の方がいい生活をしているんだな、ということが明らかになった。根本的な違いは、アメリカの方がLegal Feeが異常に高いことにあるのでしょう。

Q&Aの時間になって、アメリカなのでやはり皆手を上げて積極的に質問するのかなと期待していたのだが、さすがに大勢のアソシエイトとマネジメントを前にした公式の場で発言するのはアメリカ人とはいえはばかられるようで、質問はゼロ。事前に提出されていた質問の回答のみなされた。面白かったのは、「パートナーがクビになっているのをよく見かけるがクビの基準は何か。」「近々アソシエイトの大規模なレイ・オフがあるという噂は本当か。」など。いずれも、単なる根拠のない噂のようで、後者については、「我が事務所では、事務所が創設された19世紀半ば以降、レイ・オフというのはやったことがありません。」とのこと。

オフィシャルな会の後には、ちょっとしたアルコールと前菜でそのままインフォーマルなカクテルパーティーに。皆の前では聞きづらかったが個別に質問があるという人は引き続きそこでInformalにManagementと話せるというもので、なかなか賢いと思ったが、みんな忙しいようで、(私含め)残っている人はあまりいなそうだった。。
[PR]
by ilovemascarponeR | 2007-04-19 01:42 | Law Firm Life
車をへこまされた
e0087035_1326406.jpg朝、車を運転していたら、信号のない交差点で横道からパトカーがサイレンもならさず一時停車もせずにに突然飛び出てきたので、やや急停車しました。そしたら、右後ろからごつんという音がして、見事にぶつけられてしまいました。ぶつけてきた運転手は、アメリカ人にしては珍しく、最初から「I'm very sorry. It was my fault.」と罪を認めてきました(運転の荒いことで有名なボストンドライバーなら余裕で止まれるタイミングだったので、初心者ドライバーだったのかもしれません)。

大してへこんでない(おそらくアメリカでは、「ああなんでもないや」レベル)のですが、車は今後日本に帰る際に売ることを考えているので一応修理しておいた方がよいと思い、連絡先やちゃんと賠償する旨の一筆は取っておいたのですが、どうすればいいんですかね。。

普通突然停車するような道ではないので本当はぶつかってきた人もそれほど悪くなく、実質的に責任があるのはパトカーじゃないかと思うのですが、さすがにアメリカのパトカーに向かって何でサイレンもつけず一時停止もせずに飛び出してきたんだと苦情申し立てる勇気がそのときはなかったのですが、せめてそのパトカーを呼び止めて追突の目撃者になってもらうべきだったか・・。日本だと、警察呼んで事故証明取らないと保険降りないのではないかとか後から思い立ったのですが、アメリカでは、山の中等で事故があっても保険降りてるはずなので、そんなことはないよね、と期待。

弁護士なのに、こういうことはさっぱり分かりませんね。

追記:先方に先方の保険会社に連絡してもらったところ、先方の保険会社から直接連絡があり、近々保険会社のAppraiserが修理代の見積もりにやってくるそうです。その後、その見積もりをもってどこでも好きな修理屋に持っていって修理すればよいそうです(保険会社の見積もりと修理屋の見積もりが違った場合には、両者で連絡を取り合って調整してくれるらしい)。Mayumiさんに教えてもらったとおりでした。

(写真は本文とは全く関係ありませんが、文章ばかりなのもなんなので、オフィスの入っているビルの1階の写真)
[PR]
by ilovemascarponeR | 2007-04-17 22:36 | Boston
追悼 平岡先生
つい最近知ったのだが、私の人生でもっともお世話になった恩師である平岡先生が、3月11日にお亡くなりになった。

平岡先生は、渋谷にあるIA Prep School平岡(通称「平岡塾」)という英語塾の塾長で、私はここに中1から高3まで生徒として通い、その後5年間講師として働いた。

平岡先生はとてもカリスマのある先生で、私が中1のころから有名な「ばあさん」だった。当時は桜丘の旧校舎時代だったが、平岡先生はまだまだお元気だったので、ほぼすべての授業をご自分でなさっていた。特によく覚えているのは、声を出して文章を読む練習や、基本的な文章の暗記を繰り返し繰り返し行ったこと。最初の頃は毎回「お帰り問題」というのがあって、たとえば時間に関する表現(What day of the month is it today?など)約20個を平岡先生の前で正座してそらで暗誦できないと家に帰れない、とうシステムがあった。その他のお帰り問題としては、リンカーンの「The Gettysburg Address」の暗誦などがあって、今時の日本ではめずらしい英語教育法だった。塾なので、普通は大学に合格することが目標のはずなのだが、平岡塾はそうではなく、本物の英語力を身につけることが目標だった。そのため、日本の教材はほとんど使わず、主にイギリスの教材を使って、発音の練習、Speaking/Listeningの練習、マニアックな文法(前置詞の使い分け等)、読書、作文などを勉強した。読書の教材は、「ドンキホーテ」(中1)、「80日間世界一周」(中2)、ジョージ・オーウェルの「動物農場」(高2)、ラッセルの哲学書、シェークスピアの「ヴェニスの商人」など、あの頃原文で読んでよかったと今からでも思えるものばかり。文法書もOxfordの文法書を使っていた。このように、大学合格を歌った学習塾や普通の学校の授業とは根本的にレベルが違ったので、本当に英語好きの優秀な生徒達が集まっていて、一緒に勉強しているだけでも楽しかった。アカデミックなサロン、と言ってもいいかもしれない。そんなわけなので、卒業生の東大合格率はもちろんとても高かった。

でも平岡先生のすごいところは、勉強法だけではなかった。まずは外見。派手なスーツに巨大な宝石を身につけ、タバコをふかしながら、「はい次。そこのセーラー服のねえちゃん。は?やってない?だっめ!!やる気ないならもう帰んな。」などと生徒を当てていく。神戸女学院出身の関西弁。ヒルトンホテルに住み、ハンドバックには札束が入っている。貫禄たっぷりで、平岡先生が教室に入ってくると教室の空気がぴんと張り詰めた。

そして、その信念というか熱意が魅力的だった。ある日、宿題もやらずに授業中私語をしていた男子生徒が、平岡先生に注意されて、反抗した。平岡先生は当然怒り「もう出てけ。」と命令した。その生徒は、「授業料払っている。」とさらに反抗した。平岡先生は、待ってろといって5分後に札束を持って教室に再度現れ、「私は親御さんから授業料をもらって貴重な生徒たちを預かっている。この子達がきちんと英語ができようにする責任がある。だから、邪魔する人は要らない。授業料払ってると言ったが、それはあんたの親が払ってるんであってあんたが払ってるんじゃない。親に感謝もしないで、なんのつもりだ。今までの授業料全部返したるから出てけ。」というような趣旨のことをおっしゃって、彼の面前に向かって札束を投げた。教室に1万円札が舞い、その生徒のみならず、助手の先生含め全員がびびった。

脱税で逮捕された話も有名だが、「国に税金として払ってもろくな使い方しないんだから払わなかった。」と取調べ検事に言ったというのだから、ある意味信念を曲げなかった人と言えるだろう(もちろん脱税は犯罪で悪いことですが)。

最先端の分野で活躍している卒業生が、昔を偲んで平岡先生に会いによく平岡塾に遊びに来ていたが、そのように先生・生徒間や生徒間の絆が深いのも平岡塾のいいところだった。私も未だに当時のクラスメイトとは交流があるし、講師時代に教えていた生徒からも未だに「大学に入りました。」、「就職しました。」などの報告をもらったりするのがとてもうれしいのだが、そんな学習塾はめったにないだろう。

とにかく、帰国子女でもない私が渉外弁護士となり、アメリカのロースクールを卒業し、今こうしてアメリカの法律事務所でまがいなりにも働けているのは、平岡塾ひいては平岡先生にお世話になった11年間のおかげであり、とても感謝しています。平岡先生のご冥福をお祈り致します。

追記:この日、私のブログ始まって以来の1日355アクセスを記録しました。今更ながら平岡先生の影響力を感じた次第なので追記しました。
[PR]
by ilovemascarponeR | 2007-04-16 11:05 | Law Firm Life
Boston Harbor
e0087035_6412470.jpg

[PR]
by ilovemascarponeR | 2007-04-13 06:35 | Boston
Dice-K vs Ichiro
e0087035_12212247.jpg

e0087035_1151044.jpg行ってきました!レッド・ソックスの地元初松坂登板戦。相手チームはイチローと城島のいるシアトル・マリナーズ。日本人として、行かない訳にはいきません。

今日だけは、同僚に、「どうしても夜6時15分にオフィスを出ないといけないので」と断ってあり、溜まっていた仕事もこのところ夜家でやったりしてなんとか終わらせた。準備万端で予定通り6時にオフィスをこっそり出てタクシーに飛び乗る・・・・道路、激混みです。今日は誰もがFenway球場に向かっており、タクシーもみんなそっちの方に溜まっているそうだ。

タクシーの運転手にこれ以上先には行きたくないからここで降りろと言われ、Fenway球場まで徒歩10分くらいのところで降ろされる。
e0087035_11595519.jpg

e0087035_11534583.jpg球場への道は、すでに訳分からないDice-Kフィーバーぶりです。右上の写真は、ちょんまげ姿で2ドルのDice-Kパンフレットを売っているアメリカ人。

左のビラは球場に入るまでに大量に配られてました。最初の打席で、「Sanshin!」コールが起こったときには驚きました。

松坂がコールされると、スタンドは騒然。地元のアメリカ人の間でも予想以上の人気(というより期待?)ぶりです。
e0087035_1230559.jpg

e0087035_12423833.jpg始球式は、鈴木日本国駐米領事。ボールを投げた後スーツ姿で深々とおじぎをされていたのが、とても日本的でよかった。

第一打席は、いきなり、イチロー対松坂。球場が狭いのですごい間近に見える。
e0087035_12544646.jpg

イチローの調子が悪かったので、イチロー対松坂は松坂の完全勝利でしたが、松坂自体も調子は万全という感じではなく、結構冷や冷やしているうちに3点とられてしまった。
e0087035_12574412.jpg

かたや、レッド・ソックスの味方打線は今日は相手の好ピッチャーに押されてほぼ沈黙。松坂は7回で降りてしまい、その後もレッド・ソックスはいいところなく3-0で終わってしまいました。

それでも、全米最古(1912年完成)だけあってちょっと古めかしくて狭く、その分お茶の間にいるようなアットフォーム感をかもし出しているフェンエイ球場の魅力、そして阪神ファンと並び評される熱狂的なレッド・ソックスファンの雰囲気を存分に味わうことができました。

以下はおまけ。
e0087035_13231232.jpg

↓最前列まで行くと、まるでフィールドに立っているような気分になれる。
e0087035_1325563.jpg

[PR]
by ilovemascarponeR | 2007-04-11 11:47 | Culture
James Morrison
e0087035_12571417.jpg夜の9時半頃に家を出て歩くこと15分、Central SquareのMass Ave.から少し引っ込んだところにある薄汚いパブに向かう。その名も、t.t. the Bear's place。いかにもしょぼい。荷物検査はなし。コートは自分でハンガーにかける。今日のチケットの定価は12ドル。
e0087035_12581824.jpg豆電球で飾られている薄汚いバーカウンターを通り過ぎるとそこには、ライブステージが設置された中学校の教室程度の大きさの部屋がある。いかにもケンブリッジ的な酔っ払った学生たちがプラスティックのコップでビールを飲んでいる。高校の文化祭のライブを思い出す雰囲気。ステージでは前座のお姉さんが歌っているが、ここに来る前にテレビで見ていたAmerican Idolの出演者の方がよっぽどうまい。前座が終わってしばし歓談。

そこでステージにあわられたのは、かのJames Morrisonですよ。UKチャート・東京チャートで1位を取り、最近私が一番お気に入りといっても過言ではないCD「Undiscovered」(←試聴してみたい方はこちらからどうぞ)を歌っている彼ですよ。いくらアメリカでは無名だからってといって、こんな所でいいのか??という疑問はさておき、目の前で学園祭の気分で彼のライブが聞けるなんて、そんないい話はなかなかありません。
e0087035_13154033.jpg

ライブは・・・・うまい。本当にうまい。久々にしびれる感じでした。チケットは1枚12ドルの定価のものはさすがにコアなファンによりすぐ売切れてしまっていたので、eBayで1枚50ドルで買ったのですが、それでも十分価値がありました。
e0087035_13123812.jpg

[PR]
by ilovemascarponeR | 2007-04-10 12:40 | Culture
Duck Tour
今週末は、15年来の友人のKさんがNYから遊びに来たので、以前から一度やってみたかった、Boston Duck Tourを体験。
e0087035_16221726.jpg

e0087035_1646271.jpg

ダック・ツアー(公式ウェブサイトによる和訳は「あひる旅行」)は、水陸両用車でボストンの名所案内+チャールズ・リバーのクルージングをするというお得な市内観光ツアーで、ボストン市民がこの車を見かけると「ぐあっ、ぐあっっ」と声をかけてくれる(もちろんみんなで「ぐあっ、ぐあっっ」と返事をする。)。
e0087035_16274947.jpg

こちらは、チャールズ川に浮かんでいるときに出会った別のダックボート(カー?)。かなりの人気のようで、同時にかなりの台数が走っていますが、ツアーのチケットは数日前から結構売り切れに近い状態。もしボストン観光の予定があってご興味があれば、事前に予約することをお勧めします。
e0087035_16322127.jpg

こちらが私たちの乗ったダックボート。今日は、まだ寒いのでシート付きだったのですが、もう少し暖かくなってからシートなしの状態で乗った方が楽しいかも。
e0087035_1636828.jpg

[PR]
by ilovemascarponeR | 2007-04-07 16:20 | Boston