トップ
Top
<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
NY Bar Exam
もうしばらく前のことだが、無事NY Bar Examに合格することができた。NY州弁護士になるためには、まだAlbanyで面接を受け宣誓をしてこないといけないのだが、この1年間の大きなイベントであったわりにはブログで今までほとんど触れなかったので、一応書いておこうと思う。

シカゴ大では5月末まで3学期目の期末試験があるので、もともと短いと言われている勉強期間はますます短く、本当に丸2ヶ月しかない。しかも、学校の期末試験で疲れているところに休む間もなくBarの準備に入らないといけないし、そもそも期末試験期間中にBarBriの講義が始まってしまうので、日によっては朝に期末試験を受けて夜にBar Briの講義を受ける、という過酷なスタートになる。さらに試験の数日前にはシカゴからNYに移動してホテル暮らしになるので、その段階では最後の知識の詰め込みくらいしか実質的にはできない。そういうことを考えると、ちゃんと勉強できる期間は2ヶ月もない。また、私はLaw SchoolでBar Examの科目を試験ではかなり比重の小さいCorporationとSecured Transactionしかとっていなかったので、試験科目はほとんどが新しい科目だった。

そんなわけで、もともと予想はしていたが、久しぶりに胃が痛くなった、怒涛のそして最悪の2ヶ月間だった。

NYにいれば代々日本人も多くて情報も色々入ってくるのだが、シカゴ辺りの情報過疎地にいると各種のブログやWebsiteで情報を集めるしかないのが実際のところ。勉強法などは、「NY Bar Exam」でググればとても参考になるサイトが色々と出てくるのであえてここで中途半端なものを書く必要もないと思うのだが、自分で勉強してみて「聞いていた話と違うなー」という点が結構あったので、何かの参考になれば程度に、NY Bar Examについてのよくある誤解について書いておこうと思う。

1 NY Bar Examは簡単?

NY Barは日本人弁護士にとっては簡単だという巷の噂があるが、それはNY Barの合格点が低く、また司法試験合格者数が500人とかでもともとむちゃくちゃ頭のいい人でなければ弁護士になっていない時代の話であって、最近は普通に勉強していながら落ちている人も結構多い(NY Bar Boardによると、外国人の初回受験者の合格率は、45.2%だそうだ)。またひとたび受かってのど元を過ぎてしまうと、「簡単だよ」というのは簡単である。もちろん日本の司法試験に比べたらはるかに楽なのだが、それは問題が簡単だからではなく、単に合格点が低いからであって、勉強時間の短さを考えると特にMBEやNY Multiの問題などはかなり難しいと思う。よって、いくら2ヶ月間知恵熱が出るくらい必死に勉強しても、さっぱり受かる自信は湧いてこず、精神的には相当きつい。

2 NY Barは英語の試験?

もちろんそれなりに英語ができなければ話にならないのではあるが、ロースクールに留学して普通にやっていけているような人であれば、英語力はさほど関係ないという印象だった。MBEなどは6時間で解き終わる練習をしなければならないが、これもどれだけ集中力を高めて読み飛ばすか、という試験テクニックの話であって、よく考えると日本の択一試験でやっていたのと同じことである(よって、普通で考えると2ヶ月で英語力が急に上がるわけはないのだが、練習すればするほど解くのが早くなる)。というわけで、「NY BarはTOEFLの延長だ。」などというものではないと思う。もちろん、JDの方がMBEを解くスピードは圧倒的に早いが、それは読むスピードガ早いのに加えて、彼らは3年間試験科目をLaw Schoolで勉強しているので長文の問題文を見ても「ああ、あの判例の話だ。」とピンと来て、読み流せるかららしい。LLMはそういうわけにはいかないので、問題演習をたくさんやってこの問題パターンを本番までにどれだけ頭に入れられるか、ということが重要になるのだろう。ということで、英語ができれば当然受かるものでも、英語ができなければ受からないわけでもなく、どれだけ短期間で山のような知識とテクニックを峻別して詰め込むかという純粋な受験テクニックが求められていると言った方が正しいと思う。

3 BarBriの模試で140点?

どこかで、「日本人ならBarBriの模試で130-140点くらい取るのを目標にしましょう。」という話を聞いた記憶がある。が、まっさらの状態で5月末から勉強を始めて、BarBriの授業を全部受けながら、BarBriから配布される予習・復習スケジュールについていくべく勉強していたら、BarBriの模試で140点とるのはほとんど不可能だろう。少なくともシカゴ大のLLM生でそんな人はいなかった。他校の日本人ではたまにいるが、実は3月から勉強していたとか、ロースクールでBar Exam科目をたくさんとっていたとか、BarBriの授業には出ないで赤本・青本ばっかりやってたとか、あるいは本当にすごい一部の人、くらいである。私は、BarBriの模試はそもそも6時間にわたって集中力を保つことすら困難で、点もたかだか105点だった(周りのドイツ人、イタリア人、中国人もそんなものだった)が、本番のRaw Scoreは144点だった(←なお、受験していたときの感覚ではせいぜい100点)。ので、よっぽど論文が苦手でもない限り、模試ですごい点が取れなくても悲観することはないだろう。

4 日本人はMBEで点を稼ぐべき?

BarBriのIntermediateに加えてPMBRの赤本・青本2冊を解けば140点くらい簡単にとれるようになるらしいのだが、電話帳のようで開く気にもならない赤本、青本を1冊でも終わらせるのは何かほかのことを犠牲にしないとまず無理である。それに比べると、論文対策は、NYTを一冊きっちりやれば結構結果が出る。そしてNYTならまあ普通の厚さなので、BarBriのスケジュールに従っていれば何とか終わる。私は、赤本・青本をやるべきだということを結構手遅れになるまで知らなかったので、赤本を半分弱やるのが精一杯だったのだが、結果的には赤本を全部やるよりもNYTをちゃんとやってよかった、という印象だ。もちろん、赤本・青本をちゃんとやった方がMBEの点は上がったのだと思うが、MBEを120点から130点にあげるよりも、論文の点を10点上げたほうが効率的であるように思う。

5 Marinoはあたらない?

今年はあたりまくったので、いずれにしてもMarinoの予想論点は入手した方がいいだろう。論点があたったからと言ってきちんと答案が書けるわけでもないのだが、一応事前に見ておいた辺りが出ると安心する。ただ、Marinoの予想論点以外の部分の授業はかなり今ひとつで、直前期の忙しい時期には相当の時間ロスになってしまうので、予想論点をやる最後の30分-1時間だけ出るというのもいいかもしれない。ただ、Marinoは早口な上ビデオ会場だと音割れがしたりして何を言っているのかよく分からないので、私は他のLLM生と授業が終わってから何を言っていたかの確認をしました(それでもよく分からないところがたくさんありましたが)。

6 JDにとっては楽勝?(余談)

LLMに比べれば相当楽勝であることは否定できないが、彼らにとってもつらいらしい。彼らは、もともとこういう「試験」に対する耐性が低い上、万一落ちたら就職先の事務所との関係で相当恥ずかしい。確かに主要6科目は1年生のときに勉強したが、当時そんなに細かい知識を覚えたわけでもなく、そもそも2年も前のことなので結構忘れてしまっている。そして、上で書いたように問題自体が簡単なわけではないので、完璧を期そうとすればきりがなく、特に心配性のJDなどは、MiniではなくBigを読み、図書館でLLM生と同じかそれ以上くらいがんばって勉強していた。

ということで、私のおすすめとしては私みたいに5月末にまっさらの状態ではじめるのではなく、余裕のあるうちから勉強を始めておくことですが、シカゴ大では3学期目は期間も短くて忙しいのでそんな暇はあまりないと思います。そこで、シカゴ大の方と、のんびりと過ごしてしまって5月末まで何にもしなかった!というみなさんにはこの投稿が少しでも安心材料になれば幸いです。
[PR]
by ilovemascarponeR | 2006-11-30 02:40 | School Life
Puerto Rico ~ Bioluminescence Lagoon Tour
プエルトリコ3日目は、まずプエルトリコ本島から船で30分のIsla Palominos島のビーチへ。
e0087035_15121661.jpg

e0087035_15253850.jpg

泳ぐ前に腹ごしらえをと思ってビーチのカフェでランチにハンバーガーを注文。ウェイターさんがおいしそうなバーガーを持ってきたと思ったら、どうも足の辺りがもぞもぞする。ん?と思って下を見るとそこにはウサギが。。そして、よく見るとさらにニワトリが3匹、みな私のランチを狙っているではないか。。
e0087035_1285625.jpg

フライドポテトをウサギとニワトリに食べさせて腹ごしらえを終了したところで、次の目的地、この島からさらに半マイル先にある小さな無人島までシュノーケリングで向かう。ビーチの売店のおばちゃんに私は毎日泳いでいるわよ、と言われたので向かってみたのだが、普段ダイビングをしている身には島から島へのシュノーケリングは結構きつかった。波の影響をもろに受けるのでなかなか進まない上に、高波が来ると空気が吸えなくなってあせるし、体は浮いているので水上を走るボートに轢かれはしないかと終始びくびくしてしまう。往復1マイルのはずが方向を間違えて1.5マイルほど泳ぎ、元の島に帰ってきたときはよれよれだった(下の写真は、エジプト in プエルトリコ?)。
e0087035_12143335.jpg

e0087035_1538210.jpg夜は、これもプエルトリコ観光の名物、Bioluminescence Lagoon Tourへ。このツアーは夜にマングローブのChannelの中をカヤックで進み、世界で数箇所しかないという発光プランクトンでいっぱいのLagoonに行き、そこでカヤックから飛び込んで泳ぐことができる。水には発光プランクトンが溶け込んでいるので、手や体を水に入れて動かすとその周りが明るく光る(左と右下の写真は、いずれもWebsiteより拝借)。かなり不思議な体験で、しかも美しいのだが、よくよく考えてみると光ってるのは全部生き物で、生き物だらけの水に入っていると思うと少々気味が悪い(もちろんプランクトンなので、目には全く何も見えないのだが)。
e0087035_542827.jpgほとんど真っ暗な中を右のようなカヤックで片道1マイルにわたって漕いで進んでいくのはなかなか腕が痛くなって大変なのだが、これはプエルトリコでしかできない体験なので、プエルトリコに来たらやる価値があるだろう。ちなみにモーターボートでなくカヤックで行くのは環境保護のためなのだが、近年このツアーは人気で狭いChannelがカヤックだらけであることもあり、私みたいに舟をこぐのが下手な人はがんがん回りのマングローブにぶつかって枝を折ってしまったりする。また、みな虫除けスプレーをつけてLagoonに飛び込むので、Lagoonには相当の虫除けスプレーが溶け込んでしまっているに違いない。ということで、このツアーは結局環境を破壊している気がする。参加しておいて言うのもなんだが、環境保護の観点からはこのツアーは辞めた方がいいと思うし、そのうちなくなるかもしれないので、興味のある人は早めに行った方がいいかもしれません。

プエルトリコの名所としては、他にもSeti@homeで有名で映画コンタクトにも出てきた世界最大の電波望遠鏡、アレジボ天文台があります。今回は私のマニアックな趣味に他の人を巻き込むわけにもいかなかったので行けませんでしたが、天文好きの方は足を延ばして行ってみるといいかも。

[PR]
by ilovemascarponeR | 2006-11-25 11:57 | Trip
Puerto Rico ~ Old San Juan
e0087035_11151373.jpgさて、エル・モロ要塞で一休みした後は10分ほど歩いたところにあるサン・ファン大聖堂(San Juan Catthedral)に向かう。街は坂が多い石畳の狭い通りにカラフルな建物と、完全にヨーロッパ調。その割に、建物の中にはWalgreen、Subway、Starbucksなどザ・アメリカンな店舗が入っていたりすることもあって、今ひとつ不思議な感じがする。そんなことを考えながら、サン・ファン大聖堂に到着。うーん、地球の歩き方の写真で見て思っていたほど大きくはない。街の中の教会っていう感じ。

e0087035_11271861.jpg最後は、街をぶらぶらして、そのまま夕食を食べに現地の有名シェフのお店であるAguavivaというレストランへ。プエルトリコ料理はとれたてのシーフードが中心で味付けはスペイン料理に近いのでとてもおいしい。写真右下はセビーチェのTasting course。全部で6種類のセビーチェが食べられる。アメリカンサイズを見慣れてしまったせいか、さほど大きくないように見えたのだが、これだけでも結構満腹になる。なお、前日行ったホテルの近所にあるPasion Por EL Fogonというお店もとてもよかった(こちらの方がより現地料理に近い感じ)ので、そちらもお薦め。

帰り道になって気になったのがこの銅像。そう、凛々しくキメているのは、なぜかヒツジなのです。プエルトリコとヒツジって何か関係があるんでしょうかね。
e0087035_11513895.jpg

[PR]
by ilovemascarponeR | 2006-11-24 19:23 | Trip
Puerto Rico ~ Spain in the U.S.A.
プエルトリコはアメリカ領で、アメリカ本土から行く場合は飛行機も国内便なのだが、もともとはスペイン領なのでスペインの影響が色濃く残っている。特に、ここOld San Juanの街を歩いていると、まるでヨーロッパにいるみたい。
e0087035_15113894.jpg

言葉も英語よりスペイン語の方が優勢で、英語が全く分からない人も多い。ガイドがスペイン語だけだったりすることもあって、観光客から「English please!」というリクエストが出ることも。驚いたのは道の標識がスペイン語でしか書かれていなかったりすること。ここはアメリカじゃないのか。
e0087035_15211453.jpg

Old San Juanは観光名所である上、繁華街で、レストラン、バー、ブランド店のアウトレットなどがたくさん並んでいる。そこで、ずっとビーチでボーっとしているのも悪くないが1日はスペイン気分を味わおうということで、ホテルからレンタカーで走ること1時間、Old San Juanにやってきたというわけである。
e0087035_1526010.jpg

Old San Juanには、スペイン領時代の古い要塞や城壁などがたくさん残っていて、世界遺産に指定されている。これは、最も有名なエル・モロ要塞(Fort El Morro)。今は現地の人の凧揚げ広場になってしまっているようだが、この要塞は244年間に渡って建築され、プエルトリコを海賊や他のヨーロッパの列強から守ってきたそうだ。
e0087035_10454028.jpg

内部に入って見学することができる。日本のお城とは違って重厚なつくりだ。
e0087035_6424236.jpg

こんな要塞からどんどん大砲を撃たれたら、なかなか簡単には上陸できそうにない。
e0087035_15235929.jpg

とっても平和な雰囲気なので、わずか数百年前にここで血みどろの戦いが行われていたとはどうも想像しにくい。
e0087035_6501983.jpg

最上階には灯台が建っていて、今も動いていた。この要塞、急な階段などアップダウンが激しくて結構疲れたので、上でしばらく一休みしてから、いざ次の目的地へ。
e0087035_1113769.jpg

[PR]
by ilovemascarponeR | 2006-11-24 15:07 | Trip
Puerto Rico ~ Tropical Photos
今年のThanksgivinは、カリブ海に浮かぶ島、プエルトリコで過ごすことにした。プエルトリコといえば、まずは、もちろん南の島。そこで最初の投稿は南の島らしい写真を。
e0087035_14195369.jpg

ボストンの寒い気候からのがれて、ここは楽園。
e0087035_1426476.jpg

e0087035_14361234.jpg

e0087035_14451036.jpg

これが今回泊まっているLas Casitas Villageというホテル。巨大なゴルフ・リゾート、EL Conquistador Resortの一部をなしているホテルなのだが、私たちが泊まったLas Casitas Villageの方は、部屋がすべてコテージ風になっておりキッチンやテラスもついているので、4人で1部屋に泊まっても十分広い。
e0087035_14512845.jpg

e0087035_14584899.jpg

[PR]
by ilovemascarponeR | 2006-11-23 22:18 | Trip
俊輔スーパーFK
前回のマンU戦に続き、今回もすごかった。欧州CL日本人初決勝進出、最高!!!   
[PR]
by ilovemascarponeR | 2006-11-22 01:02 | Culture
Casino Royale
e0087035_816070.jpg我ながらミーハーだと思うが、金曜日に全米で封切になったばかりのCasino Royaleを早速見に行ってきた。

ジェームズ・ボンドが007になる前の物語ということだが、それにしてもダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドにしてはいまいち決まってない上にプロくない(笑)。そして、007になる前の話なのだが設定は現代なので、ジェームズ・ボンドがソニー・エリクソンの携帯を使っていたりVaioを使っていたりするところがどうも気になる(映画会社がソニー・ピクチャー・エンターテイメントだから仕方ないのかもしれないが)。その上、MI-6がリサーチをするのにGoogleでググるのはちょっとどうかと・・・。ということで、私としては普通に楽しめたのですが、コアな007ファンの方はちょっと首を傾げてしまうかもしれません。

e0087035_10232058.jpgあとは、完璧なイギリス英語だったために、最近これほど聞き取れなかった映画もないというくらい、聞き取れませんでした。。今更ながら、アメリカ英語とイギリス英語ってこんなに違うんだなという感じです。

ついでに、今日はSomervilleの映画館に行ったのですが、これがなかなか新鮮な体験。見た目も左の写真の通り古めかしいのだが、内部も段差がほとんどなくて、前の座席の人の頭でスクリーンの下の方が見えない。スクリーンも平らで、普通のスピーカーが天井からぶら下がっていて、まるで、ホテルの宴会場。観客もたくさんの人がラージサイズのポップコーンをかかえており、レトロなアメリカの映画館の雰囲気満点でした。

[PR]
by ilovemascarponeR | 2006-11-19 08:14 | Culture
松坂、Red Sox入団
ばたばたしていてちょっと書くのが遅くなりましたが、今ボストンでは当然のことながら「松坂Red Soxへ!」が話題です。

日本のテレビでもボストンってこんな町、のような紹介がたくさん流れているそうなので、私も日本のテレビ局に「日本人として、どう思われますか?」「ええ、日本の球界はやっぱり心配ですけど、松坂本人にはぜひがんばって欲しいですよねえ~!」と街頭インタビューされるのを待っているのですが、なかなか声をかけられません(笑)。

e0087035_1525254.jpg事務所でも、「60億円は高い。」とか、「いやいや相場からするとそんなもんだし、それに観光収入を考えると高くない。」とか、「でもそのお金って松坂本人には入んないんでしょ、何か変じゃない?」とか、「あの変化球、なんていう名前だっけ?」等々話題になってます。私は別に松坂が好きなわけでもないですが、私しか外国人のいないこの事務所では日本なんて普段全く話題にも上らないので、話のネタとしてはとってもありがたいです。

もともとボストンとRed Soxは大阪と阪神タイガースのようなもので、事務所内でも、「Red Soxファンではない。」、ましてや「ヤンキースファンである。」などと言おうものなら、チャールズ川に投げ飛ばされそうな雰囲気が漂ってます。シカゴから来たというと、「ボストンでは、Soxは赤で、白じゃないからね。」と念を押されます。もちろん、サーベンス・オクスリー法のことであると思って話を聞いていると訳が分からなくなります。

Fenway球場はとても小さいので、Red Sox戦(得に対ヤンキース戦)のチケットを手に入れるのはボストニアンと言えども大変難しいようなのですが、来年は1度は見に行ってブログにアップしたいと思います。もっとも、ピッチャーだといつ出るか分からないので、運がよくないと試合では見れないし、逆にいくつかしかないボストンの日本スーパーでばったり会う、可能性の方が高そうですが。

(写真:Fenway Parkの写真は用意していなかったのでとりあえずGoogle Earthの衛星画像で。そのうち差し替えます。)
[PR]
by ilovemascarponeR | 2006-11-17 01:17 | Boston
Newbury Street
ボストンで一番おしゃれな通りと言えば、ここNewbury St.
e0087035_133939100.jpg

道の両側にはレンガ造りの低層建物が並びその1Fに色々なお店、Cafe、美容院などが入っている。
e0087035_2161696.jpg

ブランド店もあるけど、それよりもここにしかない小さなお店が多い。そういうお店では特に買いたいものを売っているわけでもないのだけど散歩しているだけで楽しい気分になる。
e0087035_13204974.jpg

この通りを歩いてなぜかなつかしい気がするのは、そう、こんななってしまう前の10年くらい前の古きよき表参道に似てるんですね、この風景。
e0087035_13184925.jpg

[PR]
by ilovemascarponeR | 2006-11-12 02:01 | Boston
Octopusの複数形は?
e0087035_8425713.jpgOctopiであると答えた人は、間違いですがよりアメリカ人に近いと言えるでしょう。

今日はAdvanced Legal Writingという所内セミナーがありました。こういうコースは役に立たないのが常ですが、「今回の講師はBlacks Law Dictionaryの編集者の一人でUS Supreme Courtのdrafting staffでもあるすごい人だ。」というメールが回ってきたので、若いアソシエイト80人にまぎれて参加してみました。

文章の書き方の部分はやはり大した話ではなかったのですが、文法や語彙の話が結構あって、大学時代に英語講師をしていた頃からずうっと釈然としなかった点がいくつかクリアーになったので、備忘録代わりに紹介します。

1 フォーマルな文章の中で文の頭にConjunction(”But”などの接続語)を使ってよいのか?

だめなわけないじゃん、という声も聞こえてきそうですが、いわゆる権威のある「文法書」には、文の頭にButやAndを持ってくるのは間違いであると記載されています。なので私は昔からなるべく使わないようにしていたのですが、普通に使われているので不思議でした。今日の講師の方によると、公式にこれをよいと教育すると、特に子供たちがすべての文をButやAndで始めてしまうからであって、実は間違いではない。Butで始まる文は古来から文学書や新聞中においても10-15%程度あるとのことです。但し、Butの後にカンマをうつのは間違いだそうです。

2 フォーマルな文章の中でContraction(”Can't””Don't”など)を使ってよいのか?

昔からフォーマルな文章の中では"cannot" "do not" を使え、という教育がなされていて、私は未だにこれを信じていました。が、読み手として自然に文章が頭に入ってこないので、現在のアメリカでは短縮形を使った方が望ましいそうです。Judicial opinionの中でも短縮形が使われているそうです。

3 ”Data shows”か、”Data show”か?

私はもう単数形("Datum")は忘れられた単語なので、前者が正しいのだと思っていました。が、アメリカではどちらも使われるそうです。ただし、どちらを使っても「ポケットからハンカチが落ちる感じ」がしてすっきりしないそうなので、"Information"など他の単語を使うようにして、フォーマルな文章では"Data"という単語は使うのを避けた方がよいそうです。

4 ”a historical”か、”an histrical”か?

これも両方見たことがあり、各所で論争があるようですが、結論としては両方正しいようです。anの方が一般的だそうです。

5 ”None”の後は、”are”か”is”か?

文法書には両方とも正しいと書かれているのですが、ネイティブ・スピーカーに見せると結構どっちかに直されてしまったりします。結論としては、どちらも正しいが、areの方がアメリカでは一般的のようです。

6 一般的な「人」を指すのに、どういう単語を使うべきか?

これは、Gender issueで、特にこの問題に敏感な法律書は混迷を極めています。①いちいち his or herと書いてあるのは大変読みずらいし、②偶数章はheで奇数章はsheを使うものや③Prosecutorを指すときはsheと書いて被告人を指すときはheと書くものはまぎらわしいし、④男性の可能性があっても全てをsheで統一するものはなんか違和感があります。私が自分で書くときは、⑤one, personなどを使っていましたが、いちいちthe person'sなどと書くのはどうもおかしいような気がします。これ以外に、⑥s/heなどと書く例もあったりするようです。結論としては、法律的文章では、「Credibility is everything. No distraction, political or not.」なので、本題でないところが気になってしまうような表現は避けるべきである。そういう観点からは、②、③、④、⑥は避けるべきで、一番よいのは①と⑤、それから「Plaintiff」「Buyer」などと書くのを併用し、Gender issueに配慮しつつも読み手にそのことを気づかせないくらい自然に書くべきだ、とのことでした。

7 ”collective-bargaining agreement”か、"collective bargaining agreement"か?

私は、合成語の通例に従い当然前者だと思っていたのですが、実務では後者が使われているようです。が、実はやっぱり前者が正しくて、判決文を見ると全部前者で書かれているとのことです。

**

e0087035_8495782.jpg上の質問は参加したアソシエイトから出たものがほとんどで、ロースクール出のアメリカ人でもこれは分からないのかというのも新たな発見でした。

ということで、題名に戻りますが、途中で以下のクイズ出されました。私は3問正解だったのですが、参加者の半数以上が正解2問以下。正解してしまうというのは英語のくせをまだまだ把握していないからではないかと、却ってブルーになりました。
 
   Q1 「非常に小さい」という意味のミニスクールの綴りは?  Q2 Octopusの複数形は? Q3 Moneyの複数形は? Q4 Untilと同じ意味のティルの綴りは? 

(写真: Federal Courtとその壁に刻まれている言葉)

答えはこちら
[PR]
by ilovemascarponeR | 2006-11-09 06:24 | Law