トップ
カテゴリ:Chicago( 11 )
Back to Chicago
この週末は月曜日がMemorial Dayで休みだったので3連休。そこで、季節のいいこの時期に一度シカゴに帰ってみることにした。久しぶりに戻ると去年のことが思い出されて感慨深い。去年の夏にシカゴを出たときには、まだ骨組みしかできてなかったTrump International Hotel & Tower↓もだいぶ建設が進んでいる。
e0087035_1391467.jpg

最初の日は天気が悪かったのだが、2日目は天候に恵まれた。以下、街の様子など。
e0087035_13265347.jpg

e0087035_13244761.jpg

e0087035_13323094.jpg

e0087035_11195843.jpg

こちらは、Chicago Antique Market @1300 W Randolf。がらくたの中に宝物が見つかるかも(?)
e0087035_1431190.jpg

久しぶりに再開したMHやシカゴ大のJD生のクラスメイトなどと飲んでいるうちにあっという間に2日間が終わってしまった。
e0087035_15383417.jpg
(写真:ワイン・バーAvec

その他の写真
[PR]
by ilovemascarponeR | 2007-05-28 11:19 | Chicago
Lollapalooza 2006
e0087035_15424391.jpg今日は、シカゴ版富士ロックとでもいうべきLollapalooza 2006に行って来た。3日間に渡ってグラント・パークに臨時に設置された合計7つほどのステージで何十ものバンドが演奏する毎年恒例のMusic Festivalで、今日はその最終日。午前11時会場で丸1日楽しめるからかチケットは73ドルととても高いのだが、私たちは真夏に一日中ものすごい人の中で踊り続けたら倒れてしまうので、やる気なく夕方5時から参加。

e0087035_1549345.jpg夕方5時過ぎの段階でかなり巨大なはずのグラント・パークが人で埋まっている。ただ、いいのは、みな思い思いの場所で思い思いのスタイルで好きなステージの音楽を聞いていること。単に芝生でごろんとしている人たちも多い。ビールを飲みつつ芝生に横になりながらなんとなく音楽を聞くというのもやってみるとなかなかよい。

e0087035_1644492.jpg2つほどステージを回って、芝生でだらっとして、もう1つ別のステージを回ると時間はもう夜8時。それまで思い思いに過ごしていたアメリカ人達が急に同じ方向に大移動を始めた。そう、3日間の音楽祭のトリをしめるのは、Red Hot Chili Peppers。レッチリだけは特別扱いで他のバンドがすべて終った後に公園内最大のステージで行われる。

e0087035_1602163.jpg公園の中をレッチリ・ステージ目指して3ブロック分くらい歩いていくと、もう人、人、人。いよいよだ、と気を引き締めて場所を確保。8時過ぎにレッチリが現れて演奏がはじまるともう大変な騒ぎ。人が持ち上げられてWaveで運ばれてくる、水は飛んでくる、ペットボトルは飛んでくる、やたら裸や水着の人が多い、などなど。のりのりのアメリカ人と一緒に飛んだりはねたりしていると、自分も元気になるような気がする。

シカゴライフも残すはあと4日。とても夏らしい1日を過ごすことができました。
e0087035_16105231.jpg

[PR]
by ilovemascarponeR | 2006-08-06 15:42 | Chicago
Tall Ship Festival
e0087035_1805324.jpg朝ボーっと窓の外を眺めていたら、なんだこれはという光景が。大急ぎで写真に収めた。霧がでていたので、あまりうまく撮れていないが、これは珍しい、シカゴ川の橋が上がっている瞬間である。

そして、車を全部止めてまでシカゴ川に入っていこうとしているのは、Pirates of Carribiansの撮影かというような古めかしい船。

e0087035_188660.jpgこれは、年に1度開かれるTall Ship Festivalの幕開けを飾るTall Ship(帆船)の水上パレードだったようだ。今日から数日間、この実際にかつて使われていた帆船を見学したり、実際にのってミシガン湖に出ることができるそうだ。すごい行列で乗るのは難しそうだったので、近くまでいって写真をとることにしたが、木が邪魔でうまく写真に納まりきらなかった。ということで頭の部分だけでご容赦を(2枚目の写真)。

[PR]
by ilovemascarponeR | 2006-08-03 17:58 | Chicago
Beach, Beach, Beach!
e0087035_911829.jpg1年間一緒に過ごしたKがついに明日東京に帰ってしまう。どうしても東京に帰る前にやりたい!ということで実現したのが、ミシガン湖水浴。今日は天気も最高。摂氏35度くらいはありそうだ。いつも学校に行くときに素通りしていた57th beachに車を止め、砂浜へ。暑い、暑い、暑いっ!今日はこれからサッカーをすることになっていたので、サッカーをする格好はしていたものの湖に入る格好はしてこなかった。けど、水が呼んでいる。MHもKも入る気まんまんだ。これはもう入るしかない。

外の温度とは反対に水はかなり冷たいのだがいったん入ってしまえば大丈夫。砂は遠浅で、石などもなく、水はエメラルドグリーンなので泳いでいるとまるで気分は南国リゾート。違うのは、塩水じゃないからべたべたしないのと、体が浮かないことか。

e0087035_9272531.jpgシカゴ最大のビーチはNorth beachで、そちらはビーチバレーをしていたり音楽がかかっていたり、砂浜にバーがあったりするのだが、57th beachはもっとローカルで、ハイドパークのご近所の家族連れ(全員黒人のみなさま)が泳いでいる。少し変わった雰囲気だけど、これはこれでシカゴらしくてよい。

一泳ぎした後は、シカゴ大日本人が全員集まるのはこれが最後ということで、Reagents Park横の公園でさよならフットサル大会。Mosawaさんに調達して頂いた本格的なサッカーゴールやポール、そして以前作ったLLM Class of 2006ユニフォームと、見た目はかなり本格的。が、みな3ヶ月くらいほとんど運動していなかった日本人ばかりで、気温はまだ30度以上あったので、5分ハーフでも体が全然動かない。横でリフティングをしていた黒人のお兄さん3人組にかなり笑われていたが、やっぱり大勢で体を動かすのは楽しい。

e0087035_950156.jpgこのメンバーもこれで終わりかと思うととてもさびしい。いや~本当にいい1年でした。

(左のサッカーの写真は、Copyright©2006ひげプリン。無断転載を禁ず。)


[PR]
by ilovemascarponeR | 2006-07-31 09:07 | Chicago
Back in Chicago! ~ Ravinia Festival
e0087035_8492148.jpgシカゴに帰ってきました。

5月からずっと家に閉じこもって勉強していたのでこれまで夏のシカゴを全く堪能していなかった。なんともったいない。というわけで、早速シカゴの同級生や事務所の同期と集合し、ワインやチーズ、お寿司(?)などを買いこんで、ダウンタウンから車でドライブすること約1時間、ラビニア音楽祭へ。

ラビニア音楽祭とは、夏の間シカゴ郊外のハイランドパークで開かれている野外音楽祭で、とても人気が高い。今日の演目はCSO(Chicago Symphony Orchestra)によるモーツァルト。私は特にクラシック好きというわけではないが、自然に囲まれた芝生の上でピクニックをしているうちに音楽が始まるのはなかなか心地がよい。芝生席はわずか10ドル。イスも1つ5ドルで現地でレンタルすることができる。現地でもらったパンフレットによると、近々Yo-Yo-Maも来るらしい。

e0087035_931685.jpgちょっと暑かったのと、最近日が長いので明るいうちに演奏が終ってしまったのがやや残念。気軽に行けるのでもう少し涼しくなった頃に行くのがいいかもしれません。

[PR]
by ilovemascarponeR | 2006-07-30 08:40 | Chicago
Summer Cycling!
e0087035_1093662.jpg郵便局に行こうと家を出た。すると、夏のシカゴが帰って来ていた。真っ青な空、エメラルド・グリーンの湖面。冬のシカゴの景色からは想像もできないが、夏のシカゴは街の雰囲気とあいまって、とっても「トロピカル」な雰囲気なのだ。衝動的に思い立って、前から気になっていた近所のレンタサイクル・スポットへ。Beach Cruiserを2時間レンタルして、いざサイクリングへGo!

e0087035_10141666.jpgまずは、ミシガン湖沿いに走っているGrant Park(グラント・パーク)のサイクリング・コースに出る。

e0087035_10205182.jpg天気がいいので、散歩してる人、ジョギングしている人、読書している人、ボートに乗って魚釣りをしている人などがたくさん。

e0087035_10254594.jpgでもミシガン湖って、魚釣れるのでしょうか。淡水魚?

e0087035_10291021.jpg結局湖につき出た人工の半島の先にあるAdler Planetarium & Astronomy Museum(アドラー・プラネタリウム)の先まで南下。

e0087035_10503750.jpgJohn G. Shedd Aquarium(シェッド水族館)。ちょうどリザード(とかげ)特集をしているらしく入り口がワニになっていた。ワニの口に子供たちが飲み込まれていくというのはなかなか趣味が(以下略)。格調ある建物なのにこういう遊び心満点の飾り付けをしてしまうというパターンはシカゴのミュージアムには結構多い。

e0087035_10562236.jpgBackingham Fountain(バッキンガム噴水)。残念ながらまだ噴水は出ていないみたいだ。

e0087035_1104818.jpgダウンタウンの通りには色とりどりのチューリップ。写真は見ての通り赤バージョン。

e0087035_113359.jpg2時間はあっという間に終了。次は、同じく前から気になっているこれをやりたいなあ。でも、これ何ていうのかも、どこで借りればよいのかもよく分からない。

[PR]
by ilovemascarponeR | 2006-04-21 10:02 | Chicago
神戸風月堂Open!
e0087035_18431050.jpg今日ミツワに行ったら、「うつわの館」がつぶれていて代わりに「神戸風月堂近日オープン」の大きな看板が。ラーメン「山頭火」の出店に続き、大物店の出店ですが、風月堂ってどちらかというと洋菓子屋さんですよねえ。日本風のケーキに期待というところでしょうか。

それより、ずっと買おうかどうか悩んでたウツワを買いそびれたのがちょっとショック。買っておけばよかった。
[PR]
by ilovemascarponeR | 2006-04-01 18:37 | Chicago
2005/12/11 Holiday Tree in Full Light
e0087035_13514957.jpg
Daley Plazaのクリスマス・ツリーを見てきたので写真をアップ。City of Chicago Holiday Treeと呼ばれるこのTreeは毎年恒例で高さ85フィートだとか。日本のお祭りさながらに広場には屋台がいっぱい。サンタも現れるらしいけど、今日はいなかったなー。
[PR]
by ilovemascarponeR | 2005-12-11 13:47 | Chicago
2005/11/20 Illumination!!!
ちょっと勉強に疲れたので、スーパーに買い物、と思ってでかけたら、おおっ!街じゅうライトアップされてるじゃないか。

きれいだ~~ということで、早速ぱしゃ。
e0087035_13324367.jpg

1枚じゃ満足できずさらにぱしゃ。
e0087035_13332793.jpg

ついでにもう1枚。
e0087035_13542030.jpg

えーい、もってけ泥棒。(疲れてるので壊れ気味)
e0087035_13414783.jpg

ということで、少し心が和みました。
[PR]
by ilovemascarponeR | 2005-11-21 13:38 | Chicago
2005/10/24 White Sox優勝
e0087035_6381224.jpg日本ではロッテが31年ぶりの日本シリーズ優勝を果たす中、アメリカではホワイトソックスが88年ぶりにワールドシリーズを制した。私はさほど野球ファンではないが、街の盛り上がりを見ているのはそれなりに楽しかった。街の高層ビルの窓を使った「Go Sox」というイルミネーションに始まり、昨日からはアメリカ三大美術館であるシカゴ美術館(The Art Institute of Chicago)の入り口のライオンまでがWhite SoxのCapをかぶっている(写真)。エレベーターで出会った知らない人たちと野球の話で盛り上がれるのも楽しい。

さて、本来シカゴではホワイトソックスよりもカブスの方が圧倒的に人気で、両者の関係は日本でいう阪神と近鉄のようなものらしい。一説によるとホワイトソックスは近鉄よりも人気がないそうだが、その理由はカブスの球場が富裕層(=ほぼ白人)が住んでいるNorth地区にあるのに対して、ホワイトソックスの球場は貧民層(=ほぼ黒人)が住んでいるSouth地区にあり、ファン層も同様に異なるからとのことである。従って、チケットも当然にカブスの方が割高で取りにくく、シカゴのビジネスマンの接待にも従来は決まってホワイトソックスではなくカブス戦が使われていたそうだ。そんな状況も今年を境に変わるかもしれないとのことだが、野球にまでアメリカの貧富(=白人と黒人)の分離が及んでいるを見て複雑な思いがしたのだった。
[PR]
by ilovemascarponeR | 2005-10-24 06:31 | Chicago