トップ
情報過疎地~Tax ReturnとNY CLE
e0087035_1253976.jpg
North Square

日本にいるときは、職場の内外に自分と全く同じ立場の人達がたくさんいたので、「そろそろ○○をやらないといけないよ。」といった類の情報は、別に自分から求めなくても自然と耳に入ってくるものでした。

と、なんでそんなことを書いているかというと、あろうことか、確定申告(Tax returnのFiling)をし忘れていたことに今頃気付いたから。日本であれば毎年3月になると、周りの人が「確定申告やった?」などと聞いてくるので忘れることはありません。でも、こちらでは職場での雑談は少ないですし、最近他の1年生にはあまり会わないからか誰もそんな話題は振ってくれませんでした。先日今シカゴのLaw Firmにいるシカゴ大の中国人同級生と電話していたときに初めて話題に出て気付いたという始末。今年は還付になるはずなので大損したかとかなりあせりましたが、時効は3年で、遅れても出せば大丈夫だそうです。ああよかった。

そう思って、IRSのWebsiteに行ったところ、Formの山・・・・どれを使えばよいのかさっぱり分からない。どうやら普通のアメリカ人とは違うようなのだが職場にはF1ビザ保持者などもちろん私しかいないので他の人に聞きようもなく、またシカゴに電話して1040NRだよと教えてもらう。経費の欄まで進んで、バーブリ代を経費に含めてよいかが疑問になったのですが、これも周りのアメリカ人はみな事務所に払ってもらっていた(!)ため考えたこともないようで、全く当てにならず。Instructionを見たところ、バーブリ代は経費にならないとのこと。さらにFedralとStateは別なのでMassachusettsのフォームを見つけなくては(しかもこれはシカゴの人に聞いても分からない)。うおー、めんどくさい。同じ立場の人に囲まれて情報が自然に入ってくる便利さを思い知る今日この頃。

最近、もう一つ気になっているのはNY CLEの単位の取得をどうすればよいかという点。職場で回りにいる人はみなMass Bar(マサチューセッツ州の弁護士資格)保持者で、私のようにNY Barを持っている人はほとんどいません。マサチューセッツではCLEの義務はないのでみなほとんど関心がないのですが、NY Bar保持者は毎年CLE認定コースを一定単位取得する義務が弁護士会から課されています。プロフェッショナル・スキルなどの単位は事務所のランチ・ミーティングに出席する際にきちんと出席簿にサインすると証明書が送られてくるのですが、倫理の単位は一体どこでどうやって取ればいいのやら。未だによく分からないので、ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。
[PR]
by ilovemascarponeR | 2007-05-07 12:51 | Law Firm Life
<< 学生ビザから就労ビザへの切り替え Freedom Trail >>