トップ
エジプト旅行記6日目:ナイル川クルーズ②~コムオンボ→アスワン
ルクソールから出発したナイル川クルーズも2日目になって、大分南にやってきた。
e0087035_1155511.jpg

1 コム・オンボ(Kom Ombo)

午前中は、まずコム・オンボにあるコム・オンボ神殿へ。こちらもプトレマイオス朝~ローマ時代のもので、壁画がきれいに残っているので、エジプト人がどうやって日付を数えていたかとかエジプトでの手術の方法などを垣間見ることができる。
e0087035_11104443.jpg

e0087035_1113201.jpg

e0087035_11145437.jpg


2 Unfinished Oberisk

e0087035_1130830.jpg午後はアスワンに移動。ここまでくるともう大分スーダンに近く、アフリカ奥地ってこんな感じなんだろうかと若干興味が沸いてくる(が、さすがに怖いのでエジプト以外のアフリカに行く気はしない・・)。

さて、こちらは古代の石切り場で、当時の高い石切り技術を知ることができる。作りかけのまま放置されたオベリスクが残っているのだが、切り終わったとしてもこんな巨大な石をどうやってこの石切り場から運河まで運んだんだろう。

3 アスワン・ハイダム
e0087035_11415164.jpg
地理の授業で習ったアスワン・ハイダムを実際に見ることになるとは思わなかった。アスワン・ハイダムは、世界一の人造湖であるナセル湖を作ったことと、ダム建設による電力発電などのメリットと気候変化や土地の肥沃度低下などのデメリットを引き起こしたことで有名だが、ダム自体の大きさからいうと以前グランド・キャニオンに行ったときに上空から見たフーバーダムの方が大きいそうだ。人造湖だけあって、砂漠の中に巨大な湖があるのはなんとも不思議な光景。

こちらはフィラエ神殿に行く途中の船から撮ったナセル湖。
e0087035_12213274.jpg

4 フィラエ神殿(Temple of Philae)
e0087035_1232797.jpg

フィラエ島にあった神殿だが、アスワン・ハイダム建設により水没の危機にあったため、1980年に国際協力により隣のアギルキア等に丸ごと移設された。神殿もすごいのだが、これをばらばらに分解して全部隣の島に移動させた(そして神殿を見てもどこで分解したのかはさっぱり分からない)というのがすごい。
e0087035_122442.jpg

e0087035_12141982.jpg

5 ナイル川セイリング
e0087035_1383548.jpg
フィラエ神殿からはナイル川をセイリングしながらクルーズ船に戻る。かなりの強行スケジュールだが何でも含まれているところがツアー旅行のいいところ。

夜はアスワンから再びチャーター機に乗り込み、いよいよ最後の目的地へ。



1 コム・オンボ(Kom Ombo)

こちらが全景。
e0087035_11222059.jpg

e0087035_11163238.jpg

e0087035_11183050.jpgこちらは珍しいワニのミイラ。


2 Unfinished Oberisk
e0087035_1134280.jpg

3 アスワン・ハイダム

こちらはナセル湖と反対側(下流)。奥に見えるのが融資をしたソビエト連邦等との国際協力を記念した記念碑。このダム、裾野がかなり広くて、イメージしてたダムとは少し違いました。
e0087035_1149143.jpg

4 フィラエ神殿(Temple of Philae)
e0087035_12103388.jpg

e0087035_12124854.jpg

e0087035_12191058.jpg

5 ナイル川セイリング
e0087035_1323748.jpg

e0087035_1310969.jpg

[PR]
by ilovemascarponeR | 2007-03-22 11:06 | Trip
<< エジプト旅行記7日目:Shar... エジプト旅行記5日目:ナイル川... >>