トップ
Octopusの複数形は?
e0087035_8425713.jpgOctopiであると答えた人は、間違いですがよりアメリカ人に近いと言えるでしょう。

今日はAdvanced Legal Writingという所内セミナーがありました。こういうコースは役に立たないのが常ですが、「今回の講師はBlacks Law Dictionaryの編集者の一人でUS Supreme Courtのdrafting staffでもあるすごい人だ。」というメールが回ってきたので、若いアソシエイト80人にまぎれて参加してみました。

文章の書き方の部分はやはり大した話ではなかったのですが、文法や語彙の話が結構あって、大学時代に英語講師をしていた頃からずうっと釈然としなかった点がいくつかクリアーになったので、備忘録代わりに紹介します。

1 フォーマルな文章の中で文の頭にConjunction(”But”などの接続語)を使ってよいのか?

だめなわけないじゃん、という声も聞こえてきそうですが、いわゆる権威のある「文法書」には、文の頭にButやAndを持ってくるのは間違いであると記載されています。なので私は昔からなるべく使わないようにしていたのですが、普通に使われているので不思議でした。今日の講師の方によると、公式にこれをよいと教育すると、特に子供たちがすべての文をButやAndで始めてしまうからであって、実は間違いではない。Butで始まる文は古来から文学書や新聞中においても10-15%程度あるとのことです。但し、Butの後にカンマをうつのは間違いだそうです。

2 フォーマルな文章の中でContraction(”Can't””Don't”など)を使ってよいのか?

昔からフォーマルな文章の中では"cannot" "do not" を使え、という教育がなされていて、私は未だにこれを信じていました。が、読み手として自然に文章が頭に入ってこないので、現在のアメリカでは短縮形を使った方が望ましいそうです。Judicial opinionの中でも短縮形が使われているそうです。

3 ”Data shows”か、”Data show”か?

私はもう単数形("Datum")は忘れられた単語なので、前者が正しいのだと思っていました。が、アメリカではどちらも使われるそうです。ただし、どちらを使っても「ポケットからハンカチが落ちる感じ」がしてすっきりしないそうなので、"Information"など他の単語を使うようにして、フォーマルな文章では"Data"という単語は使うのを避けた方がよいそうです。

4 ”a historical”か、”an histrical”か?

これも両方見たことがあり、各所で論争があるようですが、結論としては両方正しいようです。anの方が一般的だそうです。

5 ”None”の後は、”are”か”is”か?

文法書には両方とも正しいと書かれているのですが、ネイティブ・スピーカーに見せると結構どっちかに直されてしまったりします。結論としては、どちらも正しいが、areの方がアメリカでは一般的のようです。

6 一般的な「人」を指すのに、どういう単語を使うべきか?

これは、Gender issueで、特にこの問題に敏感な法律書は混迷を極めています。①いちいち his or herと書いてあるのは大変読みずらいし、②偶数章はheで奇数章はsheを使うものや③Prosecutorを指すときはsheと書いて被告人を指すときはheと書くものはまぎらわしいし、④男性の可能性があっても全てをsheで統一するものはなんか違和感があります。私が自分で書くときは、⑤one, personなどを使っていましたが、いちいちthe person'sなどと書くのはどうもおかしいような気がします。これ以外に、⑥s/heなどと書く例もあったりするようです。結論としては、法律的文章では、「Credibility is everything. No distraction, political or not.」なので、本題でないところが気になってしまうような表現は避けるべきである。そういう観点からは、②、③、④、⑥は避けるべきで、一番よいのは①と⑤、それから「Plaintiff」「Buyer」などと書くのを併用し、Gender issueに配慮しつつも読み手にそのことを気づかせないくらい自然に書くべきだ、とのことでした。

7 ”collective-bargaining agreement”か、"collective bargaining agreement"か?

私は、合成語の通例に従い当然前者だと思っていたのですが、実務では後者が使われているようです。が、実はやっぱり前者が正しくて、判決文を見ると全部前者で書かれているとのことです。

**

e0087035_8495782.jpg上の質問は参加したアソシエイトから出たものがほとんどで、ロースクール出のアメリカ人でもこれは分からないのかというのも新たな発見でした。

ということで、題名に戻りますが、途中で以下のクイズ出されました。私は3問正解だったのですが、参加者の半数以上が正解2問以下。正解してしまうというのは英語のくせをまだまだ把握していないからではないかと、却ってブルーになりました。
 
   Q1 「非常に小さい」という意味のミニスクールの綴りは?  Q2 Octopusの複数形は? Q3 Moneyの複数形は? Q4 Untilと同じ意味のティルの綴りは? 

(写真: Federal Courtとその壁に刻まれている言葉)



A1  Miniscule  よくある間違いは、不明(聞き取れなかった・・) 
A2  Octpuses  よくある間違いは、Octopi。でもこの単語はラテン語ではなくギリシャ語起源だからPiにはならないのだそうだ。アルクの辞書には、Octopiでも正しいとかいてありますが。
A3  Monies
A4  Till  よくある間違いはTil。これは日本人なら絶対間違えないですよね。。
[PR]
by ilovemascarponeR | 2006-11-09 06:24 | Law
<< Newbury Street 紅葉を見に行ってきた・その2 >>